Home

Nobby's Diary

The Doobie Brothers Live in NAGOYA

  • Posted by: Nobby
  • 2017年4月30日 22:15
  • 音楽

20170427_Doobie_011.jpgほぼ30年ぶりのDoobiesのライブ。
名古屋の日本特殊陶業市民会館は約2000人収容のコンパクトなホールでしたが、1階は同世代のアラカン世代のオッサン、オバサンで満席。ジャーニーやクラプトンも平均年齢高めですが、今回は若者が極端に少なくかなりピークが高めの客層でした。

20170427_Doobie_001.jpg20170427_Doobie_007.jpg20170427_Doobie_013.jpg20170427_Doobie_009.jpg

【Webアルバムはこちら】

初期のナンバーをメインに約1時間半の密度の濃いライブ。
トム・ジョンストンはもう70近いはずなのに若々しく、ヴォーカルもギターワークも往時そのまま。パットもジョンも変わらぬクオリティの演奏で何よりみんな楽しそうにライブを演っているのが印象的。
おっさんたちも全力でコーラスに参加し、大満足の夜でした。

セットリストはこの辺に出ていたのとほぼ同じだったと思います。
http://dailysetlist.net/archives/62631

Doobies is just alright with me!

半吉

20170427_Atsuta_004.jpg
20170427_Atsuta_003.jpgDoobie Brothers のコンサートの前に熱田神宮の周りをウロウロ。
一昨年の暮に高校の同窓会を名古屋でした時以来の熱田神宮ですが、由緒ある神社というのはいつ来ても良いものです。
せっかくなのでおみくじを引いたところ、なんど初めて見る「半吉」!
これは中吉とどっちが上なのか?
と、SNSでネタを振ってみたところ、
諸説あるそうですが、

大吉、吉、中吉、小吉、半吉、末吉、凶

の下から3番目。
とはいえ、出目からすれば非常に少ない希少品とのことでした。
持って帰ればよかったのですが、普通にくくってきてしまったのは残念かも。


20170427_Atsuta_006.jpg
ライブの直前、名古屋コーチンの親子丼で臨戦態勢完了!

メバルキング決定戦2017

  • Posted by: Nobby
  • 2017年4月30日 14:25
  • 釣り

20170422_mebaruking_035.jpg毎年恒例の富山での「メバルキング決定戦」に参戦してきました。

【Webアルバムはこちら】

今回は少し気合を入れて金曜の夜から彦根を出発し、1:00過ぎに高岡到着。ちょうど満潮から下げに入ったタイミングで雨晴海岸からチェックしてみました。休日前日とはいえ、平日深夜にもかかわらず海岸は釣り人がずらっと並んでいて入りたかったポイント周辺は近寄れず。少し離れた場所でやってみましたが、反応なく早々に新湊方面へ。
ところが、小矢部川、庄川からの濁り水が流入していてほとんどカフェオレ状態。
試しに投げてみますが全く反応なく、西に転戦することにして思いきって七尾方面まで足を伸ばしてみました。
んが、大型狙いの実績ポイントに入って空が白み始めるまで粘ってみたのですが、全くのノーバイト。
氷見まで戻って番屋街近くの駐車場で仮眠。


20170422_mebaruking_000-1.jpg日が高くなり暑さで寝苦しくなった頃にゴソゴソと起き出して、まずは番屋街隣の「総湯」で朝風呂に。
土日は朝7:00からオープンしていて600円。
氷見独特の濃い温泉に浸かって仕上げは炭酸泉でさっぱり。
徹夜の移動&釣りの疲れが吹き飛んだところでお腹が空いてきました。


20170422_mebaruking_000.jpg富山にこの時期に来たら白エビは外せないということで番屋街の中で美味しい白エビが食べられそうなところを探してみたのですが、微妙に思っていたものと違うのでいつもの道の駅新湊まで。
定番の白エビのかき揚げ丼!
いつもはミニにするのですが、お腹が空いていたこともあり思いきって普通サイズに挑戦。
ペロッといけちゃいました。


20170422_mebaruking_009.jpg
20170422_mebaruking_005.jpg20170422_mebaruking_012.jpg20170422_mebaruking_019.jpg20170422_mebaruking_021.jpg
海老江、八重津浜海王丸パーク、新湊旧港、万葉埠頭、雨晴海岸、氷見漁港とポイントチェック&立山撮影。
やはり東の方は濁りがひどく、狙いを西に絞って暗くなるまで再び仮眠。


20:00過ぎから活動開始し、七尾方面へ。
明け方ダメだった実績ポイントは少し波をかぶってましたが足元だけだったので、波気がある方が活性も上がっているかもと粘ってみました。ところが、朝と同じく完全ノーバイト。
2時間近くあれこれ試してみたものの状況変わらずで徐々に氷見方面へ移動しながらラン&ガン。
結局、夜半に氷見漁港まで戻るまで全くノーバイトでした。


20170422_mebaruking_030.jpg氷見でようやくキャッチしたのは18cmほどのレギュラーサイズでしたが、なんとか坊主逃れができてホッとしました。
1匹くればリミットの3匹は容易いと思ったのが・・・間違いでした。
追加は16cmほどの小型1匹。氷見を見限って一発狙いで新湊、雨晴方面にも転戦してみたものの不発。
夜が明けてから検量までの間に氷見漁港でリミットメイクを試みるもタイムオーバー。
無念です。


20170422_mebaruking_034.jpg今年の優勝はアントン山岸会長!
「だらでも釣れた」キャップをゲットしてご満悦です。
考えてみると、このキャップができてから結果を出せてない。
うらやましいです。


20170422_mebaruking_036.jpg大会の後はアントンさんにいただいた鱒寿司のオニギリ(ファミマで売ってます)をいただいてから温泉に入って撤収。
近々、また富山のメバルに会いにきたいところです。

越前の春告魚

  • Posted by: Nobby
  • 2017年4月13日 22:34
  • 釣り

20170408_echizen_001.jpg先週末にお正月以来のメバル釣り。
越前はほとんど半年ぶり。
滋賀は曇り空で深い霧に覆われていましたが、敦賀まで来ると晴れ間も見えて桜も湖北より開いていました。


20170408_echizen_004.jpgポイント近くで見事な桜を発見。
近くまで行ってみると奥に滝があるみたいでした。
長年通った越前ですが、ここに滝があるとは新たな発見。


20170408_echizen_006.jpg
20170408_echizen_007.jpg神社の奥へ進むと想像より立派な滝で、細い流れながらも何段にもなって落ちているさまはなかなかの風情です。
かなり得した気分で、いよいよ釣り開始。

20170408_echizen_010.jpg結果・・・
なんとか坊主は逃れたものの、釣り始めてすぐにヒットしてきたこの小さな春告魚が1匹だけのスミイチ。
大物狙いでいろいろ転戦してみたのですが、ベタ凪の良い海況だったにもかかわらずどこに行ってもベイトっ気が無い夜で撃沈でした。

4月23日の富山でのメバルキング決定戦でウサを晴らしたいと思っています。

びわ湖は喜ぶ

20170326_biwako_032.JPG
去年の11月にも参加の機会があったびわ湖清掃ですが、その時は故あって不参加。
それ以来となるびわ湖。
滋賀大ヨット部艇庫のあるカインズ前の長曽根浜にヨット部員の若者たちと応援団のおじさん、おばさんが集合です。

【Webアルバム】

20170326_biwako_008.JPG
掃除の前に例によって十河さんの朝礼。
かれこれ5年ほどになり紆余曲折もあったこの清掃活動への熱い思いがほとばしるお話でしたが、ややこしい内容は抜きにしてまるっと意訳すると

いつも遊ばせてもらっているこの浜がきれいになったら気持ちええやん 先輩たちもがんばってくれた 君たちがやってくれることが大事なんよ ゴミの後始末とかややこしいことは市や県の大人の人たちが面倒見てくれはる 応援団の大人もついてるし、ご飯もまかしとき さぁ、お昼までがんばろな

くらいのカンジ。(かなりテキトー)


20170326_biwako_011.JPG20170326_biwako_018.jpg

小さな可燃ゴミが大多数ですが、びわ湖の中には何台か自転車が沈んでいたり、ポリ系の不燃ごみや空き缶の類もポツポツとあって、選別しながら袋詰していくのがなかなか大変でした。


20170326_biwako_019.JPG20170326_biwako_022.jpg

一段落してお昼ごはん。
メインは東北のワカメと近江牛がたっぷり入ったワカメ肉うどん。
おダシも効いて大変美味しかったです。


20170326_biwako_024.JPG20170326_biwako_027.JPG
20170326_biwako_028.JPG20170326_biwako_026.JPG

うどんの他にも炊き込みご飯、焼きたての卵焼きにおひたしなど。
今回、自分は圧力鍋で肉じゃがを煮込んできましたが、思ったより大人数だったこともあり、量が足りなかったです。今回は昼から別の用事があったので凝ったものは無理でしたが、次回はもう少しがんばろうかと。

てことで、今日の大人の部活動終了です。

「多賀」地酒電車

  • Posted by: Nobby
  • 2017年2月28日 22:23
  • 地域

20170226_taga018_s.jpg
20170226_taga000_s.jpg毎年2月のこの時期恒例の近江鉄道・地酒電車に乗ってきました。
これまた恒例の「多賀株式会社」の貸し切り電車で、これは近江鉄道のホームページにも載っていないシークレット企画?

20170226_taga002_s.jpg地酒電20170226_taga004_s.jpg車のチケットで近江鉄道が一日乗り放題ということで、会社を退職された先輩と早めに彦根駅で落ち合って、多賀大社までお詣りに。
高宮駅で乗り換えると多賀大社行きの電車は近江鉄道のキャラクター電車で豊郷あかねちゃんのイラスト入り。
電車の中はローカル鉄道各社のキャラクターがずらっと並んでいました。

20170226_taga007_s.jpg
20170226_taga008_s.jpg多賀大社でおみくじを引くと、たぶんお多賀さんでは生涯初めての「大吉」!
家族でも引いたのを見たことがなかったので、かなり嬉しかったです。

駅前の「芸やカフェ」で暇つぶしをして、彦根駅に戻る電車に乗ると彦根に着いたのは集合時刻の1分前。
なんと計画ぴったり。


20170226_taga011_s.jpg地酒電車はお酒だけではなくお料理もなかなか美味しくて楽しみです。
多賀のお酒は大吟醸から古酒「大老」まで6種類がずらりと並んでいて、どこからいただこうかと悩むことしきり。
まずは多賀の社長さんの音頭で大吟醸で乾杯し出発進行です。


20170226_taga013_s.jpg定番の熱々おでんにオードブル。
オプションで大好評の「焼き鯖寿司」もあります。


20170226_taga014_s.jpg飲んで食べて、歓談したり、夕日を眺めたりしながら片道45分ほど走ると、折り返しの八日市に到着。
もう既にお腹いっぱい。
駅のホームには見かけると一日幸せになれるという「あかね号」が停まっていました。
もう十分幸せなんですが。

20170226_taga015_s.jpg明るい時間帯の八日市駅は何年ぶりかでなんだか新鮮。


20170226_taga020_s.jpg八日市を出発すると、再び来た道程を戻って彦根駅へ。
スタッフさんが注ぎに回って来られるたびに盃を空け、いつになくたくさんいただくことに。

最後は、多賀の看板娘さんからのご挨拶で締め。
来年もよろしくお願いします。
あー、飲んだ~♪

雪の後

20170128_Biwako_003.jpg嘘のような33年ぶりの豪雪でしたが、週末ようやく晴れ間が広がりました。
雪かきの後、良い写真が撮れないかなとうろうろ。
良さ気なところはいくつかあるのですが、雪で車が停められず、さまよった挙句に三津屋の浜へ。


20170128_Biwako_004.jpg雪の伊吹山は良いですね。


20170128_Biwako_002.jpgもう少し波が高いほうが絵になったかも。


20170128_Biwako_005.jpg多景島が間近に。

2017初メバル

  • Posted by: Nobby
  • 2017年1月 9日 01:21
  • 釣り

20170107_mebaru25.jpg7日の晩、この日を逃すとしばらく天気が悪そうだし行くしかないかなと、もろもろの用事を片付けた後、21時ころに彦根を出て今年初の敦賀へ。

狙っていたポイントは先行者が何人かいて入れず、手前のゴロタでやってみるも不発。
しばらくすると、先行者が揃って地磯の先に移動して行ったので、竿抜けを狙って入ってみるも一度バイトが有っただけ。先行者はポイントまで届いてないように見えたので、届けば来ると思ったんですが甘くはありませんでした。

坊主を覚悟して少し移動してみると、いきなりドスンと来たのが上のメバル 25cm。
ドシャローで根に潜られそうなのをゴリ巻きしてキャッチ。
かなり嬉しい1匹でした。

Fシステムの先にフローティングミノーという、最近お気に入りのリグで。


20170107_mebaru23.jpgバイトがあまり無いので、ミノーをイカチューに変えてみたら速攻できた23cm。
25cmの引きのイメージが残っていたので、20cmほどの引きに感じたのですが、測ってみたら23あって意外でした。

このあと、たぶん同じくらいのをバラシた後、18cmほどのを追加。
予定よりかなり遅くまでやってしまいましたが、初釣行にしては良いサイズも出たので満足。
今度は狙いの地磯で尺を獲りたいものです。

今年もよろしくお願いいたします

2017nenga.png

有朋自遠方来 不亦楽 その7(end)

20161123_fukurouzu_01.JPG
大郷屋さんで釣具を見てから、長浜を後にして米原駅へ。
21時過ぎの新幹線までは時間があったので、ゆっくりご飯が楽しめそうな場所として選んだのは、米原駅西口から少し彦根よりの『福来路巣(ふくろうず)』さん。

嫁さんが友だちと行ったことがあって、まぁまぁ評判だったので、ハズレは無いかなということで。それ以前に、米原駅周辺でちょっとまともなご飯が食べられるお店は選択肢がほとんど無いというのもあります。

中に入ると右手が座敷で左手がカウンター。
座敷はほぼ満席みたいで、オッサン2人なので、カウンターの奥へ陣取りました。
メニューを見ると、かなりバラエティに富んでいて、けっこうそそられるメニューもいろいろ。


20161123_fukurouzu_02.JPG最初に注文したのは〆鯖。
写真のとおり、ここの料理は盛りがとてもきれい。
また、〆鯖と言いながら、お酢の使い方がすごく薄めで刺し身のよう。
とても美味しくいただきました。


20161123_fukurouzu_03.JPGこちらはワカサギの天ぷら。
産地は聞きそびれました。
サクサク、ホコホコで揚げたてを堪能。

他にもシジミの味噌汁やら串揚げやら、時間ギリギリまで食べてお腹いっぱい。
値段も内容からすればリーズナブルで、また家族や友人と行っても良い感じのお店でした。

21時前になり、MUN!さんを駅まで送ってお別れ。
遠くの友人を案内することで、普段は見過ごしていたような観光スポットやらお店を回れて自分も楽しめました。
東京からだとなかなか機会が無いかもしれませんが、また何度も彦根に足を運んでもらえたら良いなぁ。

(終わり)

Index of all entries

Home

counter

today: today
yesterday: yesterday

Search
Tag Cloud
Twitter
Tide Graph
福井県-敦賀
提供:釣り情報フィッシングラボ
Links
Feeds

Return to page top