Home

Nobby's Diary

彦根城オニバスプロジェクト活動報告会

20171209_onibas_003_s.jpg

2017年活動報告会(10周年記念) - 彦根城オニバスプロジェクト
http://onibas.nobbyspage.net/archives/2017/12/201710.html

12月9日(土)に彦根城オニバスプロジェクトの活動報告会&懇親会に参加してきました。
2月から始まった10周年記念冊子制作がようやく年内中に実を結び、報告会に間に合わせることができてホッとしています。

【Webアルバム】20171209_オニバス2017年報告会

第11回演奏会 小田一福のふくふくコンサート at 長松院

20171029_chosho-in_030.jpg
「第11回演奏会 小田一福のふくふくコンサート」

先週、10/29(日)の「彦根の音楽家を支援する会(ソシオひこね)」の第11回演奏会の模様をソシオのブログに投稿しました。
邦楽は初めての企画でしたが、なかなかエエもんですね。

彦根ダービー

◆ 彦根東スーパー返球で劇的8強「野球の神様のおかげ」
◆ 近江、3年ぶりセンバツへ初戦コールド突破
◆ 大阪桐蔭が猛打爆発、15安打12点で8強へ

彦根東が滋賀県第3代表で臨んだ秋季近畿大会で準々決勝に進出して選抜に王手。
相手はなんど同じ彦根の近江高校。
夏の大会の決勝で甲子園を争ったライバル同士ですが、この組み合わせによりどちらが勝っても彦根の高校が選抜に出場するのは確定的となりました。
近畿からは例年、6校から7校が選抜に出場しますので、負けたとしても他の高校の戦いぶり次第では出場できる可能性が残ります。
彦根東と近江が3-5点を争うような僅差の勝負で決着し、他の試合が大差になるようだと期待ができそうです。
特に兵庫1位で投手の前評判も高かった明石商に勝ったことで彦根東の評価は上がっていそう。
2009年は21世紀枠での出場でしたが、今夏に続いて実力で選抜に出てくれたら嬉しい限りです。

豊郷小学校

20170930_toyosato_001.jpgMUN!さんとの近江八幡散策の帰り、ヴォーリズ建築の代表作で、今やアニメ「けいおん」の聖地として全国的に知られる豊郷小学校にご案内してきました。

【Webアルバム: 20170930_豊郷小学校】

今から15年ほど前、この旧校舎群を当時の豊郷町長が取り壊すと言い出し、保存派の町民らと激しい争いに発展したことがありました。校舎内に座り込みをしていた保存派の女性に校舎の解体業者が暴力をふるった映像が全国ニュースに流れた時、深夜にもかかわらず豊郷小学校に駆けつけた時から保存運動に関わることになりましたが、あの時が政治や市民運動に積極的に関わるようになった原点かもしれません。政治を人任せにしていたら知らぬ間に身の回りの大切なものが奪われてしまうんだと実感した事件だったのです。


20170930_toyosato_003.jpgその後、彦根市での合併反対の住民投票、町長のリコール住民投票の勝利やら出直し選挙での逆転敗退など紆余曲折を経ながら何とか旧校舎の解体を免れることができましたが、当時は今のように「けいおん」の聖地になろうことなど想像もできませんでした。
久しぶりに訪れてみると校舎前はきれいに整備されて、校舎の一部は図書館として利用されており、観光客の姿もたくさん見られました。


20170930_toyosato_004.jpg20170930_toyosato_005.jpg20170930_toyosato_008.jpg図書館として利用されていた建物・酬徳記念館は観光案内所となっていて、中はけいおんのグッズの展示や販売などがされています。建物自体はそのままの形で活用されていて、図書館のカウンターなどもそのまま。解体騒動当時、一般向けの校舎見学会のスタート地点でもあったのですが、2階へ上がって見下ろしてもイメージはほとんど何も変わっておらず感慨深いものがありました。
この図書館や書庫は最近観に行った映画「君の膵臓をたべたい」のロケ地となり、滋賀大旧講堂と並んで重要なシーンで使われていました。

20170930_toyosato_012.jpg無造作に楽器が置かれていて、入った時は子どもたちが楽器を手に取って遊んでいました。誰でも手に取って使って良いみたいで大らかな感じですが、その割には傷んだりもせずキレイに扱われているようです。


20170930_toyosato_015.jpg旧図書館を一旦出てすぐ脇の現図書館の入り口から中へ。
図書館の受付ホールを抜けると本校舎です。1階教室の半分くらいが図書館として利用されているようでした。
廊下の板張りや天井、教室などはほぼ当時のまま。
今見てもこれが昭和初期に建てられたものとは思えぬ立派なものでデザインも優れています。貴重な建物が解体されずに本当に良かったとしか言いようがありません。


20170930_toyosato_014.jpgイソップ童話のウサギとカメのブロンズ像は保存派のシンボルとして使われていたので、これを見ると懐かしさでいっぱいに。

20170930_toyosato_017.jpg20170930_toyosato_018.jpg踊り場には途中で眠っているウサギの像。
上がりきったところには、なんとなくドヤ感が漂うカメの像。

20170930_toyosato_020.jpg
20170930_toyosato_025.jpg階段周りはアールデコで知られるヴォーリズ建築の特徴が良く現れているように思います。上は校舎両端にある階段で、全てにウサギとカメの像が付けられています。下は校舎中央部の階段で、ここは他の階段と少し異なる意匠になっていました。


20170930_toyosato_034.jpg20170930_toyosato_037.jpg最後に向かったのは旧講堂。
中に入ってみると「とよさと軽音楽甲子園」という垂れ幕がかかっていて準備をされている最中のようでした。特に断ることもなく中に入って写真を撮ったりできましたが、ここもほとんど15年前と変わらぬまま。
ステージの前にカバーで覆われて置かれているピアノは田舎の学校には似つかわしくないスタインウェイ。これも解体騒ぎの頃に使われなくなった状態で放置されていたものです。今も使える状態なのかもわからないのですが、使えるなら「彦根の音楽家を支援する会」のコンサートなんかで使わせてもらえたら面白いかもしれません。


解体されない事になった後、地元の人におまかせして保存運動から徐々に離れていったこともあり、本当に久しぶりの豊郷小学校はワクワク感でいっぱいでした。
また行きます。

近江八幡散策 その2/2

20170930_omihachiman_045_02.jpg

その1の続き

【Webアルバム:20170930_近江八幡散策】

【午後の部】
旧八幡郵便局(ヴォーリズ建築)→酒游館
→カネ吉→旧伴家住宅(八幡教育会館)

20170930_omihachiman_045_01.jpg初雪食堂を出た後は、八幡宮とは反対方向の町並散策へ。
歩きだしてすぐ、ヴォーリズ建築で地元では有名な旧八幡郵便局がありました。
10数年前、旧豊郷小学校の解体騒ぎの際、ヴォーリズ建築に詳しい建築家の方々が保存活動に対していろいろ協力していただいたことがあったのを思い出します。

ヴォーリズ建築はアール・デコと呼ばれる幾何学的な造形に特徴があり、窓や玄関先のアーチなどにその様式が色濃く見られ、多くのヴォーリズ建築に共通する雰囲気を醸し出しています。

我々が見学している間も次々に見学者が訪れていました。


20170930_omihachiman_045_04.jpg八幡郵便局を出てすぐのところにあるのが酒游館
中は酒蔵を利用したホールが有り、コンサートなどに利用されていて飲食スペースも設けられていました。
MUN!さんがここでコンサートをすると地酒が飲み放題というような話をされていたので、ちょっと調べてみると「サケデリック・スペース酒游館」というページが有り、「ドリンクチャージ500円で蔵元自慢の地酒がおかわり自由」という記述が見つかりました。この先のイベントもいろいろ企画されているようでしたので、興味の有りそうなイベントに顔を出しても良いかもしれません。


20170930_omihachiman_050_01.jpg酒游館を過ぎてすぐに西の方へ曲がり、しばらくすると地元で有名なお肉屋さんのカネ吉さんが。
ここは熱々の揚げたてコロッケが食べられるのです。
酒游館の近くに古民家風のカレー屋さんがありまして、そこに「揚げ物に限り持ち込み自由」と書いてあったのですが、近くにこのカネ吉さんがあるのを知っていると思わずニンマリしてしまうナイスな対応。初雪食堂でお腹パンパンになっていなければカネ吉さんでコロッケやらトンカツなんかを揚げてもらって持ち込みたいところでしたが、それは次回のお楽しみにしておきます。

お腹はいっぱいとはいえ、どうしてもコロッケは食べておかねばということで、1個だけ買って歩きながらぱくぱく。これぞお肉屋さんのコロッケ!という絶品の味であっさり胃袋に収まりました。彦根では千成亭さんのコロッケも地元に愛されている一品ですが、近江八幡市民のソウルフードにふさわしいカネ吉さんのコロッケでした。


20170930_omihachiman_051.jpg駐車場に向かう途中、町家の漆喰を塗り直している高齢の左官屋さんに遭遇。この界隈の古い町並みはこうした職人さんの熟練の技で維持されているのが実感できるひとコマ。


20170930_omihachiman_054.jpg駐車場に戻ってみると最初に覗いてみて一旦後にした大きな建物が気になります。
古い木造家屋には珍しい3層構造で屋根の上には通気口なのか明り取りなのか、はたまた見張り小屋のようなものなのか、ついつい興味をそそられる建前。
せっかくなので、寄って行こうかと入り口へ回ってみました。
受付には元気が良くてとにかく良く喋る中年の女性ガイドさんがおられて、あれこれ説明してもらえます。
入場料を払おうとすると「パスポートはお持ちですか?」聞かれるので、なんのことかと看板を見てみると、ロープウェーをはじめ、この旧伴家住宅、西川家住宅、かわらミュージアムなど散策中に立ち寄ってきた有料施設が一通りコミコミ1500円で利用できる超オトクな周遊クーポンがあったのを最後に知ったという大失態。
最初に寄った時にもう少しきちんと確認するべきでした。
わざわざ市営駐車場を使ったのに最大のメリットを享受できなかったわけです。


20170930_omihachiman_055.jpg20170930_omihachiman_059.jpg

入り口を入ってすぐの土間は大きな吹き抜けスペースとなっていて、そこで左義長まつりの飾りの展示をされています。写真展示は今年のお祭りでの各町の山車の飾り付け。実物展示は特別に制作された展示用の飾りだそうで、全部が食べられる材料で作られているのが左義長の飾りの特徴。井伊家の赤備えの兜の表面は小豆で作られていたり、干支の鶏の羽根はカンピョウで作られていました。

階段を上がって中二階、二階と進むとそこは表から見えていた大きな広間で、建物全体が一時学校として利用されていたそうです。
立派な大黒柱に特大の梁など、往時の豪商を忍ばせる贅沢な造りですが、江戸時代には商人が2階建て以上の建物を立てるのはご法度だったそうで、上手に言い逃れをしながら自らの権勢を示すために競って3階建ての建物を立てたのがいくつか残っているということでした。

気になる最上階に上がる階段が見当たらなかったのですが、中二階に展示されていた構造図などを見ると二階中央の扉の中に階段がありそう。ちょっと開けてみようと試みたのですが、錠が下りているみたいで動きませんでした。
が、
ガイドの方にいつなら3階が見られるのか聞いてみたところ、今でも開ける気なら開けられたそうで拍子抜け。
3階を開放していないのは大きな理由があるわけではなく、単に案内する人手が足りないからということで、次週の八幡堀祭りの時なら見られるかもしれないです、とアバウトなお話でした。


いろいろ楽しませてもらった近江八幡散策もここまで。
次回に少しずつ見どころを残して駐車場を後にしました。

近江八幡散策 その1

20170930_omihachiman_001.jpg9/29の金曜日から友人のMUN!さんが琵琶湖に仕事で来られていて、せっかくなので一緒に近江八幡でも行きましょうということになり、彦根に一泊していただいて土曜の朝、ホテルまでお迎えに。

去年来られた時は彦根周辺を駆け足で回ったのですが、その時にご案内できていない「花しょうぶ通り」とか「銀座街」辺りを抜け、巡礼街道経由で近江八幡へ。
近江八幡はたまに行くのですが、駅の近くで買い物したり食事をしたりするくらいで、八幡宮周辺は数年前に行ったきり。まだ見ていない観光スポットもたくさん残っているので、ガイドというよりは自分自身も楽しみたいと思っておりました。

【Webアルバム:20170930_近江八幡散策】

【午前の部】
市営駐車場→西川邸前→八幡堀→日牟禮八幡宮
→八幡山ロープウェイ→八幡山城址→ロープウェイ下山
→たねや→瓦ミュージアム→白雲館→初雪食堂

20170930_omihachiman_002.jpg日牟禮八幡宮の駐車場に直接行く車が多い中、少し離れた市営駐車場に車を置き、西川家住宅をはじめとする豪商の町家が連なる道を八幡掘まで。

駐車場のすぐ横に八幡教育会館(旧伴家住宅)があったのですが、また後で寄ろうかと先を急いだのが後で後悔する羽目に・・・


20170930_omihachiman_005.jpg
20170930_omihachiman_006.jpg八幡堀に着くと正面に八幡山が控え、ロープウェイのゴンドラが行き来しているのが見えます。ほどなく水郷めぐりの屋形船もこちらに向かってきました。堀の曲がり角から右手に向かうと日牟禮八幡宮の入り口に繋がります。

お堀端の道を歩いていくと気になるお店も。堀の周囲にはそこかしこにいろんなお店があり、飲食店だけでも何軒もあって目移りがしてしまいそうでした。


20170930_omihachiman_009.jpg八幡宮の入り口にかかる橋の上から。
桜の季節には写真を撮る人でいっぱいになりそうです。
見下ろすとお堀の周遊道にたくさんスケッチをしている人の姿が。
何か大会でもされているのかと思うくらいでした。


20170930_omihachiman_013.jpgお宮さんの中は思ったより人影もまばら。
お詣りをしてから、八幡山ロープウェイへ。


20170930_omihachiman_020.jpg小さめのゴンドラに乗り込んで山上駅へ。
去年、尾道で乗ったゴンドラと似たような感じでした。
ちょうど彦根の荒神山くらいの標高差で、ほんの数分で上に着きます。

20170930_omihachiman_022.jpg駅を降りて左手に向かい、山頂の周囲を時計回りで回っていきます。
琵琶湖を見下ろす西側の展望台からは眼下に牧水泳場、少し先に佐波江水泳場、そのずっと向こうにマイアミ浜が突き出ているのが見えます。

20170930_omihachiman_023.jpgロープウェイの反対側は長命寺方面。
最初の展望台には「LOVE」という文字のモニュメントがあって「なんじゃこれ?」という感じだったのですが、ここにはハート型のモニュメント。この後、ロープウェイ近くの売店に寄ってわかったのですが、八幡山公園は「恋人の聖地」としてグイグイ売り込んでるみたいです。
残念ながら、それらしき若者の姿は無くて、年配のご婦人の集団とか少しトウの立ったご夫婦、老夫婦なんかがほとんど。


20170930_omihachiman_030.jpg下山して「山上」のお漬物屋さんでMUN!さんはお土産購入。
彦根のキャッスルロードにも出店されている山上さんのお漬物は色んな種類があり、どれもなかなか美味しいです。普段食べるには贅沢な感じですが、ちょっとした贈答なんかには良いと思います。

20170930_omihachiman_032.jpgたねやさんに寄ってみると「つぶら餅」の実演販売中。
彦根でもたねやさんは良く利用していますが、「つぶら餅」は食べたことがありませんでした。高級感はないのですが、目の前で焼かれて香ばしい香りが漂うと思わず食べたくなってしまい、3個ずつ買ってお店の中でいただきました。食べ始めると店員さんが熱いほうじ茶を運んできてくれて、これがお餅にベストマッチ。
さすがにサービスが行き届いていて感心させられました。


20170930_omihachiman_044.jpg
20170930_omihachiman_044_01.jpgたねやさんを後にして、かわらミュージアム方面から八幡堀沿いに鳥居まで戻り、初雪食堂へ。
ここはだいぶ前にdocomoのCMで桑田佳祐が座っていて有名になったところ。
入ってみると、わざわざロケに使われたのがなぜかがわからないくらい普通の食堂ですが、お昼過ぎということもあって満席に近い客の入り。件の桑田席は我々が座った隣の席のようでした。
親子丼を注文して満腹。
MUN!さんは味噌カツ定食にオプションのうどんを付けて限界にチャレンジ。なんとか完食したのですが、この後ずっと引きずる羽目になったようです。


【午後の部】に続く (書ききらんのかい!)
旧八幡郵便局(ヴォーリズ建築)→酒游館
→カネ吉→旧伴家住宅(八幡教育会館)

2017/9/3 琵琶湖岸清掃

  • Posted by: Nobby
  • 2017年9月 3日 21:28
  • 地域

20170903_BiwakoClean_032.jpg長浜をはじめ県内に大きな被害をもたらした台風5号の置き土産を片付けに、彦根のカインズホーム前の湖岸に過去最大の70名を超えるたくさんの方が集まってくださいました。
「琵琶湖清掃ボランティア」と呼ぶのが一般的でしょうが、ボランティアという響きが好きじゃない私は「部活動」だと思っています。好きでやっているからしんどくないし楽しい。実際、参加者の皆さんの様子を見ていると、楽しそうな笑顔で嬉々として作業をされていて、肩の力も抜けて実に良い感じなんです。

【その他の写真は Webアルバムで】


20170903_BiwakoClean_008.jpg青山さん、十河隊長らの挨拶の後、簡単な自己紹介をしてから作業開始。最年長の細江県議と最年少の子どもたちの「がんばるぞー」のコールに「おーー!!」と全員で応えて湖岸へ。


20170903_BiwakoClean_011.jpg琵琶湖清掃のお楽しみはお昼のまかない。
焼きそばになると妙に活き活き田島一成議員。

20170903_BiwakoClean_009.jpgメインはオニギリと焼きそばということで、私はサイドメニューのウインナーをひたすら焼いてました。

20170903_BiwakoClean_013.jpg20170903_BiwakoClean_033.jpg有名ブランド化して入手困難になりつつある「彦根梨」
荒神山の麓で梨園をやっている友人から、選果で弾かれた幸水を安価で譲っていただきました。
厳密に言うと、お店に並べられないものは「彦根梨」と呼んではいけないそうですが、少し熟れ過ぎているとか、ほんの少し傷があったり形が悪かったりするだけで、味はお店に出ているものと全く遜色なく一同大絶賛でした。
川村さん、本当にありがとうございました。
いろんな方の支えで活動が成り立っております。
しかし、今日ほど一度に何個も梨の皮を剥いたことは無かったですw


20170903_BiwakoClean_021.jpgまかないも一段落した午後は、少しだけ作業に参加。
大きめの流木とか、放っておくとまた流れ出してしまいそうな木切れの類を浜の奥に移動していきましたが、あんまりがんばらないようにしていたのに、まぁまぁの重労働でした。


20170903_BiwakoClean_024.jpg20170903_BiwakoClean_027.jpgみなさんのがんばりの甲斐あって、滋賀大の艇庫近くの湖岸はすっかりきれいに。
浜に積み上げられた流木やゴミの量は大変なものになりました。
人力でこれだけやるのは大変です。
行政に重機でやってもろたらエエやんと思われることもあるでしょうが、限られた予算やリソースの中で行政に動いてもらうには「呼び水」が必要なのです。こうして市民が手を動かすことが呼び水となって行政が動きやすくなります。ここに集められたゴミ類は行政の方で責任を持って後始末してくださることになっています。
こういうことができるようになったのも何年も前から湖岸清掃をしているみんなの思いを行政が共有していただけるようになったから。
参加者はじめ、この活動に関わっていただいているすべての方々に感謝です。


20170903_BiwakoClean_029.jpg撤収!
お疲れさまでした!

琵琶湖ケタコ大会2017

  • Posted by: Nobby
  • 2017年8月27日 20:48
  • 釣り

ketako2017.png
この時期恒例の琵琶湖ケタコ大会ですが、今年は魚っけがなく大苦戦。
結果、誰ひとりとして一匹の魚も釣ることなく終了~
というここ数年にない貧果の大会でした。

【Webアルバムはこちらから】


20170826-27_BiwakoKetako_045.jpgが、
釣果にかかわらず盛り上がるのがケタコ大会。
恒例化=高齢化を感じずにはいられませんが、前夜祭からアホ全開。


20170826-27_BiwakoKetako_004.jpg20170826-27_BiwakoKetako_005.jpg20170826-27_BiwakoKetako_030.jpg20170826-27_BiwakoKetako_026.jpg今年のダッチオーブン料理はスペアリブ。
藤原真ちゃんが熱望していて、ケタコといえばスペアリブだそう。
たくあんの燻製「いぶりがっこ」にトライしてみたところ、想像以上の旨さでなかなか好評でした。
一軍入り確定です。


20170826-27_BiwakoKetako_023.jpg20170826-27_BiwakoKetako_024.jpgいつもどおり豪華なお肉も!


20170826-27_BiwakoKetako_035.jpg20170826-27_BiwakoKetako_040.jpgシーバタさん謹製サクラマスのちゃんちゃん焼き。
五箇山でもケタコでもサクラマスが食べられるという贅沢!


20170826-27_BiwakoKetako_042.jpg20170826-27_BiwakoKetako_046.jpgサクラマスのカマと琵琶湖で捕れたてのアユを塩焼きに。
遠火でじっくりと火を通した魚は絶品。


20170826-27_BiwakoKetako_052.jpgそして今年のハイライトはこれ!
なんと設営場所のすぐ近くの雑木林でオオクワガタ発見!
子どもが小さい頃虫捕りにハマった時期がありましたが、その頃でもヒラタは見たことはありましたが、野生のオオクワを間近で見たのは初めて。
オッサン一同大興奮でした。


20170826-27_BiwakoKetako_059.jpg20170826-27_BiwakoKetako_062.jpg翌朝、普段なら暗いうちから起きて釣り始めるところが8時前まで寝てしまいまして、ほぼみんながあきらめてテントに戻って来た後。
一応、河口まで往復してみましたがアタリのアの字もなく撃沈。
他の方の釣果を聞いてみるとラドン師匠が唯一魚をかけたみたいですが、ケタコか何かわからぬままオートリリースしたそうで、結果は冒頭に書いたとおり全員丸ボウズ。
また来年がんばりましょ。

熱かった彦根の夏 ・・・また来年

20170814_Higashi_koushien_004.jpg8月14日、甲子園のアルプススタンドを真っ赤に染めた大応援団の片隅で声を張り上げてきましたが、惜しくも青森山田に敗退。
甲子園2勝目をこの目で見ることは叶いませんでした。

【Webアルバム: 20170814_彦根東vs青森山田】


ベスト16を目前に甲子園を去ることになった彦根東ですが、敗退後もいろんな新聞などで記事にしていただいており、その戦いぶりはアルプスのレッドクリフとともに見る人の目にしっかりとした印象を残してくれたようです。
本当に良くやりました。
OBのみならず、彦根市民の誇りです。

日刊スポーツ: 彦根東・村中監督「うちらしさ」終盤に粘り見せる
デイリースポーツ: 負けたけど...彦根東・仲川、甲子園で人生初本塁打「最後にいい経験ができた」
スポニチ・アネックス: 青森山田"完全アウエー"を乗り越えた「声出していかないと飲み込まれるぞ」
朝日新聞: 彦根東に伝わる秘伝 門外不出の「じゃんけん必勝法則」
東洋経済: 甲子園で「文武両道」の彦根東高が勝った意味
産経新聞: 【夏の甲子園】滋賀代表・彦根東の熱戦振り返る つらぬいた全員野球
NEWSポスト・セブン: 甲子園には確かに「文武両道の球児」もいる

母校が出場できるだけでも嬉しかった4年前の夏。
今夏、2度目の出場を果たし悲願の初勝利も挙げました。
どんどん欲が出て来年もその先も、出るからにはより以上の成績をと考えてしまいます。
秋の大会も観に行かないとあきませんね。

甲子園行きます!

  • Posted by: Nobby
  • 2017年8月11日 16:49
  • 地域

20170808_sayonara.jpg初戦、仕事の都合で応援に行けなかった甲子園ですが、なんとかチケットも確保しまして仕事は何気に休みを取りまして今度こそ行ってきます。


20170808_alps.jpg
初戦以上に真っ赤なアルプススタンドで必勝です。
相手は青森山田。
サッカーなら最初からあきらめムードですが野球なら負けません。
勝ち上がったらその先仕事を休めるかが最大の課題です。

(写真は友人の投稿から借用。ありがとうございます)

Index of all entries

Home

counter

today: today
yesterday: yesterday

Search
Tag Cloud
Twitter
Tide Graph
福井県-敦賀
提供:釣り情報フィッシングラボ
Links
Feeds

Return to page top