Home > 地域 > 2017/9/3 琵琶湖岸清掃

2017/9/3 琵琶湖岸清掃

  • Posted by: Nobby
  • 2017年9月 3日 21:28
  • 地域

20170903_BiwakoClean_032.jpg長浜をはじめ県内に大きな被害をもたらした台風5号の置き土産を片付けに、彦根のカインズホーム前の湖岸に過去最大の70名を超えるたくさんの方が集まってくださいました。
「琵琶湖清掃ボランティア」と呼ぶのが一般的でしょうが、ボランティアという響きが好きじゃない私は「部活動」だと思っています。好きでやっているからしんどくないし楽しい。実際、参加者の皆さんの様子を見ていると、楽しそうな笑顔で嬉々として作業をされていて、肩の力も抜けて実に良い感じなんです。

【その他の写真は Webアルバムで】


20170903_BiwakoClean_008.jpg青山さん、十河隊長らの挨拶の後、簡単な自己紹介をしてから作業開始。最年長の細江県議と最年少の子どもたちの「がんばるぞー」のコールに「おーー!!」と全員で応えて湖岸へ。


20170903_BiwakoClean_011.jpg琵琶湖清掃のお楽しみはお昼のまかない。
焼きそばになると妙に活き活き田島一成議員。

20170903_BiwakoClean_009.jpgメインはオニギリと焼きそばということで、私はサイドメニューのウインナーをひたすら焼いてました。

20170903_BiwakoClean_013.jpg20170903_BiwakoClean_033.jpg有名ブランド化して入手困難になりつつある「彦根梨」
荒神山の麓で梨園をやっている友人から、選果で弾かれた幸水を安価で譲っていただきました。
厳密に言うと、お店に並べられないものは「彦根梨」と呼んではいけないそうですが、少し熟れ過ぎているとか、ほんの少し傷があったり形が悪かったりするだけで、味はお店に出ているものと全く遜色なく一同大絶賛でした。
川村さん、本当にありがとうございました。
いろんな方の支えで活動が成り立っております。
しかし、今日ほど一度に何個も梨の皮を剥いたことは無かったですw


20170903_BiwakoClean_021.jpgまかないも一段落した午後は、少しだけ作業に参加。
大きめの流木とか、放っておくとまた流れ出してしまいそうな木切れの類を浜の奥に移動していきましたが、あんまりがんばらないようにしていたのに、まぁまぁの重労働でした。


20170903_BiwakoClean_024.jpg20170903_BiwakoClean_027.jpgみなさんのがんばりの甲斐あって、滋賀大の艇庫近くの湖岸はすっかりきれいに。
浜に積み上げられた流木やゴミの量は大変なものになりました。
人力でこれだけやるのは大変です。
行政に重機でやってもろたらエエやんと思われることもあるでしょうが、限られた予算やリソースの中で行政に動いてもらうには「呼び水」が必要なのです。こうして市民が手を動かすことが呼び水となって行政が動きやすくなります。ここに集められたゴミ類は行政の方で責任を持って後始末してくださることになっています。
こういうことができるようになったのも何年も前から湖岸清掃をしているみんなの思いを行政が共有していただけるようになったから。
参加者はじめ、この活動に関わっていただいているすべての方々に感謝です。


20170903_BiwakoClean_029.jpg撤収!
お疲れさまでした!

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://nobbyspage.net/mt/mt-tb.cgi/1757
Listed below are links to weblogs that reference
2017/9/3 琵琶湖岸清掃 from Nobby's Diary

Home > 地域 > 2017/9/3 琵琶湖岸清掃

counter

today: today
yesterday: yesterday

Search
Tag Cloud
Twitter
Tide Graph
福井県-敦賀
提供:釣り情報フィッシングラボ
Links
Feeds

Return to page top