Home > 写真 > | 地域 > 近江八幡散策 その1

近江八幡散策 その1

20170930_omihachiman_001.jpg9/29の金曜日から友人のMUN!さんが琵琶湖に仕事で来られていて、せっかくなので一緒に近江八幡でも行きましょうということになり、彦根に一泊していただいて土曜の朝、ホテルまでお迎えに。

去年来られた時は彦根周辺を駆け足で回ったのですが、その時にご案内できていない「花しょうぶ通り」とか「銀座街」辺りを抜け、巡礼街道経由で近江八幡へ。
近江八幡はたまに行くのですが、駅の近くで買い物したり食事をしたりするくらいで、八幡宮周辺は数年前に行ったきり。まだ見ていない観光スポットもたくさん残っているので、ガイドというよりは自分自身も楽しみたいと思っておりました。

【Webアルバム:20170930_近江八幡散策】

【午前の部】
市営駐車場→西川邸前→八幡堀→日牟禮八幡宮
→八幡山ロープウェイ→八幡山城址→ロープウェイ下山
→たねや→瓦ミュージアム→白雲館→初雪食堂

20170930_omihachiman_002.jpg日牟禮八幡宮の駐車場に直接行く車が多い中、少し離れた市営駐車場に車を置き、西川家住宅をはじめとする豪商の町家が連なる道を八幡掘まで。

駐車場のすぐ横に八幡教育会館(旧伴家住宅)があったのですが、また後で寄ろうかと先を急いだのが後で後悔する羽目に・・・


20170930_omihachiman_005.jpg
20170930_omihachiman_006.jpg八幡堀に着くと正面に八幡山が控え、ロープウェイのゴンドラが行き来しているのが見えます。ほどなく水郷めぐりの屋形船もこちらに向かってきました。堀の曲がり角から右手に向かうと日牟禮八幡宮の入り口に繋がります。

お堀端の道を歩いていくと気になるお店も。堀の周囲にはそこかしこにいろんなお店があり、飲食店だけでも何軒もあって目移りがしてしまいそうでした。


20170930_omihachiman_009.jpg八幡宮の入り口にかかる橋の上から。
桜の季節には写真を撮る人でいっぱいになりそうです。
見下ろすとお堀の周遊道にたくさんスケッチをしている人の姿が。
何か大会でもされているのかと思うくらいでした。


20170930_omihachiman_013.jpgお宮さんの中は思ったより人影もまばら。
お詣りをしてから、八幡山ロープウェイへ。


20170930_omihachiman_020.jpg小さめのゴンドラに乗り込んで山上駅へ。
去年、尾道で乗ったゴンドラと似たような感じでした。
ちょうど彦根の荒神山くらいの標高差で、ほんの数分で上に着きます。

20170930_omihachiman_022.jpg駅を降りて左手に向かい、山頂の周囲を時計回りで回っていきます。
琵琶湖を見下ろす西側の展望台からは眼下に牧水泳場、少し先に佐波江水泳場、そのずっと向こうにマイアミ浜が突き出ているのが見えます。

20170930_omihachiman_023.jpgロープウェイの反対側は長命寺方面。
最初の展望台には「LOVE」という文字のモニュメントがあって「なんじゃこれ?」という感じだったのですが、ここにはハート型のモニュメント。この後、ロープウェイ近くの売店に寄ってわかったのですが、八幡山公園は「恋人の聖地」としてグイグイ売り込んでるみたいです。
残念ながら、それらしき若者の姿は無くて、年配のご婦人の集団とか少しトウの立ったご夫婦、老夫婦なんかがほとんど。


20170930_omihachiman_030.jpg下山して「山上」のお漬物屋さんでMUN!さんはお土産購入。
彦根のキャッスルロードにも出店されている山上さんのお漬物は色んな種類があり、どれもなかなか美味しいです。普段食べるには贅沢な感じですが、ちょっとした贈答なんかには良いと思います。

20170930_omihachiman_032.jpgたねやさんに寄ってみると「つぶら餅」の実演販売中。
彦根でもたねやさんは良く利用していますが、「つぶら餅」は食べたことがありませんでした。高級感はないのですが、目の前で焼かれて香ばしい香りが漂うと思わず食べたくなってしまい、3個ずつ買ってお店の中でいただきました。食べ始めると店員さんが熱いほうじ茶を運んできてくれて、これがお餅にベストマッチ。
さすがにサービスが行き届いていて感心させられました。


20170930_omihachiman_044.jpg
20170930_omihachiman_044_01.jpgたねやさんを後にして、かわらミュージアム方面から八幡堀沿いに鳥居まで戻り、初雪食堂へ。
ここはだいぶ前にdocomoのCMで桑田佳祐が座っていて有名になったところ。
入ってみると、わざわざロケに使われたのがなぜかがわからないくらい普通の食堂ですが、お昼過ぎということもあって満席に近い客の入り。件の桑田席は我々が座った隣の席のようでした。
親子丼を注文して満腹。
MUN!さんは味噌カツ定食にオプションのうどんを付けて限界にチャレンジ。なんとか完食したのですが、この後ずっと引きずる羽目になったようです。


【午後の部】に続く (書ききらんのかい!)
旧八幡郵便局(ヴォーリズ建築)→酒游館
→カネ吉→旧伴家住宅(八幡教育会館)

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://nobbyspage.net/mt/mt-tb.cgi/1759
Listed below are links to weblogs that reference
近江八幡散策 その1 from Nobby's Diary

Home > 写真 > | 地域 > 近江八幡散策 その1

counter

today: today
yesterday: yesterday

Search
Tag Cloud
Twitter
Tide Graph
福井県-敦賀
提供:釣り情報フィッシングラボ
Links
Feeds

Return to page top