Home > ハンドメイドルアー > | 釣り > タックル制作(3)

タックル制作(3)

20190217_float_lathe01.jpg寒いながらも良い天気になったので、10年ぶりくらいに旋盤を回してみました。
セッッティングを思い出しながら、ぼちぼち削ります。


20190217_float_lathe03.jpg
20190217_float_lathe04.jpg部屋にノギス忘れたので、テンプレートで長さをあわせる程度で適当に削ってみます。
3本目くらいでなんとなく調子が出てきた感じ。


20190217_float_lathe05.jpg5本削って、1本は途中で没。
結局、使えそうなのは3本だけ。
センター出しに穴を開けてたんですが、きれいに真っ直ぐ開いていないせいで、今回の削り方だとアイ側のずれが大きくてNGだと気づきました。
次回は、少し工夫します。


20190217_float_lathe06.jpgバリを取って、下地作りの準備完了。


20190217_float_lathe07.jpg重量を測ると 3.8gから4.0g程度。
密度1で 17g 程度の設計値なので桐材の密度0.25をかけると、4.25g。
やや細身になっているので、ほぼ想定どおりですかね。
このままでウェイト仕込んでサスペンドにすると、だいたい 15.2g から 16g。
塗装などでボリュームが増えるとすると、残留浮力を少し残して 17g 弱くらいの仕上がりになるのではと思われます。

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://nobbyspage.net/mt/mt-tb.cgi/1791
Listed below are links to weblogs that reference
タックル制作(3) from Nobby's Diary

Home > ハンドメイドルアー > | 釣り > タックル制作(3)

counter

today: today
yesterday: yesterday

Search
Tag Cloud
Twitter
Tide Graph
福井県-敦賀
提供:釣り情報フィッシングラボ
Links
Feeds

Return to page top