Home > 写真 > | 釣り > 福福大会2019レポート 大会編

福福大会2019レポート 大会編

20190615-16_JLAA50th_018.jpg
【Webアルバム】
20190616_JLAA50周年記念_福福大会当日

寝る前から降り続いていた雨は朝になっても止むどころか、土砂降りに近い雨が断続的に降ってくるような厳しいコンディションになりました。大会でなければ竿を出すことは無いくらいの酷い雨でしたが、ワークマンで買ったカッパのテストもあるので、車で横付けできるポイントだけに絞って出撃しました。

釣り場には見慣れた車を含め、3台ほどの車が止まっていて、みんなクラブのメンバーのようでした。聞いてみると、ポリスと陽ちゃんはきっちり釣り上げていて、ゲストの愛ちゃん、ガッちゃんは釣れてない模様。二人ともゲストを差し置いてガイドだけ釣るというアカンパターンです。

20190616_police_00.jpg土砂降りの中、粘り強くキャストを続けるガッちゃん。
ポリスのアドバイスも虚しく、魚の顔を見ることはありませんでした。

ワークマンのカッパですが、思ったよりも調子が良くて、袖口からの水の浸入以外は濡れることも蒸れることもなく快適。一時間半くらい強い雨に打たれても大丈夫だったので、普通の釣りくらいなら全く問題なし。詳細は別途レポートします。


20190615-16_JLAA50th_013.jpgあきらめて本部に戻ると、釣る人は釣っていて、地元のマーチ幅田さんが持ち込んだ魚は、なんと38.2cmのオオイワナ!
ヤマメ26.6cmも体高のあるナイスポロポーションでした。


20190615-16_JLAA50th_018_2.jpg20190615-16_JLAA50th_017.jpg結局、このイワナでマーチさんが優勝!


20190615-16_JLAA50th_020.jpg20190615-16_JLAA50th_019.jpgポリスはちゃっかり2位入賞
何やってるんだか。

大阪JLAからの豪華景品まで手に入れて、羨ましい限りでしたが、連日のプラだったり土曜日のガイドできちんと釣らせたり、スタッフとしても大活躍だったので許してあげよう。


20190615-16_JLAA50th_021.jpg20190615-16_JLAA50th_022.jpgアントン賞のネットはバーブレス愛ちゃんの手に収まり、Nobby賞の「ケタコ用伝統毛鉤セット」は、あんまサトシがゲット。これで9月の琵琶湖ケタコ大会には強制参加決定ですので、新妻を口説き落として参加してください。


釣り大会には厳しいコンディションになりましたが、みなさん満足した面持ちで五箇山を後にされた様子でした。参加者の高齢化が進んできてはいますが、この大会がいつまでも続くように、がんばってまいりましょう。

それでは、みなさま、また来年!

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://nobbyspage.net/mt/mt-tb.cgi/1799
Listed below are links to weblogs that reference
福福大会2019レポート 大会編 from Nobby's Diary

Home > 写真 > | 釣り > 福福大会2019レポート 大会編

counter

today: today
yesterday: yesterday

Search
Tag Cloud
Twitter
Tide Graph
福井県-敦賀
提供:釣り情報フィッシングラボ
Links
Feeds

Return to page top