Home > Archives > 2019年10月 Archive

2019年10月 Archive

嵐を呼ぶケタコ in 奥琵琶湖

  • Posted by: Nobby
  • 2019年10月12日 00:04
  • 釣り

20191011_ketako_01.jpg20191011_ketako_02.jpg先週のケタコ&デカバスに気を良くして台風来襲直前に再び奥琵琶湖遠征。
前回よりは風もだいぶマシで比較的釣りやすいコンディション。
早々に良いサイズのケタコも釣れて幸先良し。


20191011_ketako_03.jpgトップシーズンほどの反応は無いものの、移動しながら撃っていくとポツポツと釣れます。


20191011_ketako_04.jpg20191011_ketako_05.jpg時々、「尺行ったか!」というバイトがあるのですが、そういう時はバスくんでした。尺超えのバスは、さすがによう引きましたよ。
けっこうバスの活性も高いみたいで、一時はバス祭り状態の連続バイトの時も。


20191011_ketako_10少し暗くなりかけた17時過ぎくらいから地合いが訪れ、ほとんどワンキャストワンキャッチ状態に。
何匹釣れたかわからないくらいで、ほとんど一年分くらいのヒット数を超えた感じ。
湖西に行くと10月でも凹凹にバイトがある時がありましたが、奥琵琶湖でこれくらい釣れるとは嬉しい発見。
あまりに釣れるので止め時が無くてほとんどサル状態で釣りまくりました。
グローブをしてなかったので、帰ってから手に豆ができていたのに気がつくほど。

不思議なのは、相当な数を釣ったのに、ほとんどがメスでオスが全く混じらなかったこと。
なんででしょうね???

大きなゲスト

  • Posted by: Nobby
  • 2019年10月 8日 00:47
  • 釣り

20191005_oku-biwako_s_02.jpg彦根近辺ではケタコ(ハス)が全く釣れなくなってきたため、ちょい遠征で奥琵琶湖へ。
元々、日本海へ出撃するつもりだったのが、波が高そうだったので琵琶湖で楽しむことにしたのでした。

まぁまぁの風の中、良さそうな浜を見つけて投げまくるも反応悪し。
広い浜を少しずつ移動しながら探っていくと、そこそこいい反応の出るポイント発見。


20191005_oku-biwako_s_03.jpg最初に来たのは小さなゲストさん。
出方が変だと思ったら、引きもだいぶ違う。


20191005_oku-biwako_s_04.jpgエントリーした場所まで戻って逆方向を攻めてみることにすると、いました本命ケタコちゃん。

その先の岩場っぽいところが良い感じに見えたので、プチやぶこきをしてポイントへ。
近くまで行くとアユも回ってきて、時折バスらしきライズに混じってケタコっぽい反応も。
期待大と思いながらメタルジグを四方に投げて探っていると・・・

20191005_oku-biwako_s_05.jpgもう少しでピックアップという眼の前5m、水深30cmほどのところでドッパーンとド派手な水柱!
水面下でギラっと光を反射するのが見えると、直後に一気に沖に向かって走り出す大きな魚影が。
マジか?
PE0.3号にリーダー6lbなので無理はできないものの、オープンウォーターなら十分獲れるタックルのはずなので、岩場に入られないようにだけ気をつけながら慎重にやり取りして寄せてネットイン。


20191005_oku-biwako_s_06.jpgデカっ!
寄せてる間は冷静だったのが、手にしてみると久々の良型に少し手が震えてました。


20191005_oku-biwako_s_07.jpg測ってみるとランカーに少し足らない47cm。
真っ昼間のドシャローで5gのメタルジグにこのサイズが水面を割って出るとは。
琵琶湖の懐の深さを再認識した一日でした。
今度は本命として狙いに来たくなったかも。

Index of all entries

Home > Archives > 2019年10月 Archive

counter

today: today
yesterday: yesterday

Search
Tag Cloud
Twitter
Tide Graph
福井県-敦賀
提供:釣り情報フィッシングラボ
Links
Feeds

Return to page top