Home > パソコン・インターネット Archive

パソコン・インターネット Archive

ラゲッジラック 3D CADデータ

Luggage_rack1.png以前紹介した無償で使える 3D CAD「DesignSpark Mechanical」で設計したCADデータを公開しておきます。 ◆DSMデータ: Luggage_rack.zip (518KB) ◆部品表: Luggage_rack_BOM.xlsx 部品表にある「アイストラップ」はロッドホルダーと荷物固定用のベルトのアイですが、CAD上には描いていません。上板の四方に取り付けています。 【サイドビュー】 Luggage_rack2_left.png 【バックビュー】 Luggage_rack3_back.png 【トップビュー】 ロッドホルダーの固定板が400mm幅じゃなく、300mmなのは有り合わせで作ったからです。 本当は400mmのほうが望ましいです。 Luggage_rack4_upper.png 【上板固定面】 Luggage_rack5_under.png 【板取図】 上はベニヤ板のカット寸法、下はクッションマットの寸法です。 Luggage_rack6_board.png

3D CAD de パイプラック

イレクター基本パーツ.png ヤザキのイレクターって自作用のパイプのキットがあるんですが、久々にちょっとしたもんを作ってみようかと考え中。 で、フリーの 3D CAD「DesignSpark Mechanical」で設計。 基本的な部品をモデリングしてから、それらをコピーしたり回転させたりしながら組み合わせて形にしてみます。 ラゲッジラック.png これくらい簡単なものなら CADで描くこともないんですが、微妙に寸法を変えたいとか、ここをこうしてああしてとか細かい検討をしだすと、CAD上であれこれ変更できると大変便利。 完成はかなり先なので、忘れた頃にまた紹介します。

セキュリティ対策

先日、いくつかの不具合修正とセキュリティ対策を行った Movable Type 6.0.3 (5.2.10 / 5.17) をリリースしました。Movable Type をはじめとするインターネットを利用するソフトウェアは、必然的にセキュリティ問題とは無縁ではいられませんが、ソフトウェア以外の部分でも安全性を向上することができます。
バージョンアップを見合わせてたら、今週に入って、さくらインターネットからもSixApartからも「バージョンアップせぇ」ってメールが届いていたので、早めにやっとくかなぁと新バージョンパッチをダウンロード。 バックアップに時間がかかったので、2日仕事になってしまいましたが、なんとか完了。 ついついマイナーバージョンアップをサボりがちなんですが、踏み台にされたりしないように、もうちょい敏感になったほうが良いんでしょうね。

mp3再生: audio.js 設置

ICレコーダーで録音した音をWeb上で公開する方法を確認してたんですが、YouTube ではいちいち動画化しないといけないみたいなので、ググってみたら audio.js というのを見つけました。JavaScript だけで mp3ファイルが再生できるようです。 ブラウザによっては単に mp3 ファイルをサーバに置いてリンクしておくだけでも再生画面が出ましたが、audio.js ならページ内で直接再生できるのが利点です。 【参考Webサイト】 ◆ ダウンロード、ドキュメント http://kolber.github.io/audiojs/ 【設置・使用方法】 ◆ Scriptのアップロード ダウンロードした audio.min.js、 player-graphics.gif、audiojs.swf をサーバに置きます。 MovableType の場合は、JavaScript の類は mt-static の下の js ディレクトリに置くのが良いと思われますので、サブディレクトリ audiojs を作成して、そこにまとめて置きます。 ◆ HTML内で audio.min.js を使うための記述を追加 以下の記述場所は、HTMLヘッダ内が適切かと思います。 ・Script を読み込む src のパスは、設置した場所を記述します。 MovableType では HTMLヘッダのテンプレート内に記述します。 Script を置いた mt-static のパスはテンプレート中で <$MTStaticWebPath$> タグで表現できますので、以下のようになります。
<script src="<$MTStaticWebPath$>/js/audiojs/audio.min.js"></script>
・ audio.min.js の初期化 これも、上のコードに続けて書けばOK。
<script>
  audiojs.events.ready(function() {
    var as = audiojs.createAll();
  });
</script>
◆ ウェブページやブログ記事中の再生バーを設置したい場所にaudioタグで記述
<audio preload="auto">
  <source src="yourBlogURL/audio/foo.mp3">
</audio>
src には、再生したい mp3 ファイルのパスを入れます。 以上でデフォルトの見た目の再生バーが設置できます。 【見た目の変更】 再生バーの色やサイズを変えたい時、ボタン形状を変えたいような場合は、CSS で指定ができるようです。 Chrome の Firebug で解析すると以下のようなHTMLコードが生成され、各要素にクラス定義がされていましたので、個々の要素に対して CSSを指定してやれば変更できます。 デフォルトの CSS定義は Script に埋め込まれていますので、HTMLヘッダ中の初期化のコードの直後で再定義する CSSファイルを読み込むようにすれば良いでしょう。
<div class="audiojs " classname="audiojs" id="audiojs_wrapper0">
	<audio preload="auto">
		<source src="yourBlogURL/audio/foo.mp3"/>
	</audio>
	<div class="play-pause">
		<p class="play"/>
		<p class="pause"/>
		<p class="loading"/>
		<p class="error"/>
	</div>
	<div class="scrubber">
		<div class="progress" style="width: 0px;"/>
		<div class="loaded" style="width: 87.01676264951884px;"/>
	</div>
	<div class="time">
		<em class="played">00:00</em>
		/
		<strong class="duration">03:17</strong>
	</div>
	<div class="error-message"/>
</div>
今回は幅を変えたいだけだったので、Script内の定義を直接変更してしまいました。 .audiojs の width を 460px → 420px .audiojs.scrubber の width を 280px → 240px; 【動作確認ブラウザ】 以下のブラウザでの動作を確認しています。 IEの古いバージョンでの動作は怪しい気がします。 Windows7  IE10  Google Chrome Ver31.0.1650.63 m  Mozzilla Forefox 19.0.2、26.0 iPad (iOS6)  Safari 6.0

MovableType 6.0.1

年末ぎりぎりでブログのシステムをバージョンアップ。 MovableType5.2.7 → MovableType6.0.1 システムが新しくなってもブログの見た目や内容が良くなるわけでもありません。 管理画面とかでできることが変わってたり、スマホ対応されてたりですが、ガラケーユーザーなんで、そこもあまり恩恵なし。 もうちょい触ってみます。

faviconの設定

「エコーメモリアル・チェンバー・オーケストラ」のページに favicon を設定しようと、過去記事「favicon を設定してみた」を参照してみたら、参考にしていた「Favicon Japan!!」というサイトが閉鎖になってました。 やむなくググり直して、いくつか参考ページを見つけて何とかなりそう。 てことで、一応メモ ◆無料ですぐできるfaviconの作成と設置のしかた ◆お気に入りアイコン(ファビコン)の作り方 ◆favicon.icoを作ろう!

PostTweet プラグイン問題解決

けっこう前からブログ記事を Twitter に連携するプラグイン PostTweet が動かなくなっていて放置プレイ状態やったんですが、ぼちぼちマジメに調べてみようということでエラーログを確認。 どうやら「parent.pm がありまへんがな」ということらしく、ちょこっと調べてみたら解決方法らしきものが見つかったので早速トライしてみました。 忘備録として投稿しておきます。 【参考記事】 ◆ Perlで「Can't locate parent.pm」が発生する場合の対処 ◆ Authen::Captcha をインストールして Captcha Plugin を利用する(CPAN による perl モジュールのインストール) まず、上の記事に従って parent.pm のインストールにトライ。 TeraTerm でサーバにログインして、さくらインターネットの Perl のバージョンを確認。記事どおり v5.8.9 だったので、次へ。 sudo perl -MCPAN -e 'install parent' で、インストールしようとしてみますが、root権限が無くあえなく敗退。 てことで、参考記事の2番めへ。 記事どおりにインストール用のディレクトリ perl を作って、 %perl -MCPAN -e shell を実行。 参考記事では Are you ready for manual configuration? [yes] と表示されたら Enter で先に進むという手順でした。 が、ここでサーバから参考になった記事とかなり違うレスポンスが返って来ていて、「automatic にインストールしますか?」みたいな表示が出ていたようです。 うっかり気づかぬまま Enter で先に進んだところ、何やら参考記事と全く違う挙動で手入力無しであっと言う間にコマンド終了。あれっと思ったのですが、何気に正解だった模様で、ここから参考記事どおりに再度 %perl -MCPAN -e shell とコマンド入力し、次に cpanコマンドを以下のとおり実行。 cpan> o conf makepl_arg "LIB=~/perl/lib PREFIX=~/perl/lib INSTALLMAN1DIR=~/perl/man/man1 INSTALLMAN3DIR=~/perl/man/man3" 続けて cpan> o conf commit ここまででモジュールのインストールの準備ができたので、いよいよ praent.pm をインストール。 cpan> install parent ログの最後が Appending installation info to /home/hogehoge/perl/lib/i386-freebsd-64int/perllocal.pod /usr/bin/make install -- OK となっていればOK。 これにてインストール完了。 これだけでは、PostTweet.pl がインストールした parent.pm を見に行かないので、ファイルを開いて最初のところ package MT::Plugin::PostTweet; の直後に use lib qw(/home/nobbys/perl/lib); の一行を追加。 以上で無事 Twitter連携できるようになりました。 かなり端折って書いているので、詳しくは参考記事をご覧ください。

MovableType 5.2 バージョンアップ

ブログに使っている MovableType が 5.2 にバージョンアップされたので、今日、当サイトもバージョンアップを敢行。5.12のまま2回ほどバージョンアップを見送ってましたが、セキュリティの問題もあり漸く対応することに。 以下、備忘録として関連リンクを挙げておきます。 【関連ドキュメント】 ◆Movable Type 5.2の新機能 ◆5.2 リリースノート ◆個人無償ライセンス ダウンロード 【アップグレード方法ドキュメント】 ◆Movable Type 5.2 ドキュメント ◆Movable Type 5 を最新のバージョンへアップグレード ◆アップグレード時に、新しいディレクトリにコピーするファイル ◆アップグレードウィザード ◆5.13、5.07、4.38 へのアップグレード後に必要な作業

favicon を設定してみた

20120405_nobby_favicon.gif Firefox を Update したら、タブに表示される「Nobby's Diary」のタイトルの左に空白の四角形が表示されるのが気になってしまいました。 ここ、facebook だと「f」のアイコンだったり、Hoosuite だとフクロウのアイコンが表示されていて、要するにそのページを示すアイコン=favicon が表示される仕組み。 Nobby's Diary では favicon の設定をしていなかったので、画像を作って設定してみました。 【参考サイト】 ◆Favicon Japan!! 画像ファイルからの Faviconの生成、設置方法の説明など、ここだけ見れば何とかなります。 ◆Favicon Manager MovableTypeでブログに設置する場合は、HTMLヘッダーのテンプレートに faviconを指定する行を追加する必要がありますが、簡単に設置できるプラグインがありました。 プラグインをサーバに設置して管理画面で favicon用ファイルを指定するだけでHTMLヘッダーに favicon指定行が追加され楽チン。 管理画面自体にも favicon を設定できます。

マインドマップ事例: 会議のガイドライン

MindMap_Meeting_Guideline.png 先日、マインドマップを紹介しましたが、具体的な事例がないとわからんかなってことで、だいぶ前に仕事で作ったものの一つをご紹介。 会議を効率化するためのガイドラインのサンプルです。画像をクリックすると元の大きさでポップアップ表示します。 元は FreeMind で書いています。 ◆元データ: MindMap_Meeting_Guideline.mm (右クリックで「名前をつけてリンク先を保存」してください) 参考までに FreeMind のデータをそのまま XMind にインポートしたものがこちらです。Webで Share して貼りつけてみました。簡単に Web上で共有できるのは XMind の良いところでしょうか。 ◆元データ: MindMap_Meeting_Guideline.xmind

マインドマップ

マインドマップはトニー・ブザン(Tony Buzan)が提唱した思考・発想法の一つである。あるいは、私たちの頭の中で起こっていることを見えるようにした思考ツールのこと。
マインドマップを使ってみたいという相談を受けましたので、ちょっと紹介しておきます。 私も使い始めてから5年以上になりますが、アイディアや企画の整理、会議のメモ、To Doリスト、プレゼン資料のアウトライン作成等、無くてはならないツールになっています。
かき方は、表現したい概念の中心となるキーワードやイメージを中央に置き、そこから放射状にキーワードやイメージを広げ、繋げていく。思考を整理し、発想を豊かにし、記憶力を高めるために、想像(imagination)と連想(association)を用いて思考を展開する。
◆本家・ブザンのページ:ThinkBuzan ◆ mindmap.jp 本来は、手描きでイメージをふくらませるのが良いということですが、やはり仕事などで活用しようとするとパソコンで使えるソフトで描くのが何かと効率的です。 ということで、よく使われているフリーのMindMap作成ツールを紹介します。 いずれも日本語対応されています。 【iMindMap5】-------------------------- 本家BuzanのiMindMapがVer5からフリー版が用意されています。 試用期間中はUltimateの機能が使えますが、試用期間を過ぎるとBasic(フリー版)の機能のみになります。 (参考ページ) ・iMindMap5 トライアル版のダウンロード、各エディションの機能比較など 【FreeMind】-------------------------- 歴史も古く、たぶん最もよく使われているツールかと思います。 私も普段はこれを愛用しています。 キーボード操作だけでサクサク書けるのが嬉しいところ。 ビジネスユースならBestだと思います。 (参考ページ) ・FreeMind使おう会 基本的な使い方から活用事例まで、参考になります。 ・FreeMind プロジェクト日本語トップページ 最新版のダウンロードはこちらから。 【FreePlane】------------------------- FreeMindの開発者だった人が独自に作ったクローンで、使い方等ほぼ同じ。 ファイルの互換性もありますので、FreeMindを使っているのであれば問題なく使えます。 違いが無さすぎて結局 FreeMindを使っていますが・・・ (参考ページ) ・FreePlane プロジェクト日本語トップページ 最新版のダウンロードはこちらから。 【XMind】----------------------------- 香港の会社が作っているソフト。FreeMindと互換性は無く、見た目もかなり違いますが、Web上で複数の人と共有できるのが良いですね。 なお、FreeMindのファイルはインポートのみ可能です。 これもキーボード主体で書きやすいツール。FreeMind形式にExportできればと思うのですが、ちょっと残念。 (参考ページ) ・XMind日本公式サイト 【その他:Webアプリケーションいろいろ】 こちらのまとめ記事が参考になります。 インストール不要で使えるのが良いですね。 (参考ページ) ・マインドマップフリーソフトを7つまとめて比較 最後に、書籍の紹介。 Amazonで検索するといろいろヒットします。 やはり本家 トニー・ブザンの本は読んでおくと良いと思います。

6/8(水) 「World IPv6 Day」

 世界規模のIPv6運用実証実験である「World IPv6 Day」の開催が近付いている。2011年6月8日、日本時間の9:00から24時間、全世界で220以上の企業・団体がIPv6でサービスを提供するイベントだ。
明後日、6/8 は表記の実験日だそうです。 事前にいくつか想定される不具合がわかっているみたいで、「フレッツ光を使っているIEユーザ」という、相当数のユーザがその対象になるようです。 ・6月8日、IEユーザーの一部で障害の恐れ ・フレッツ光ユーザーは6月8日の「IPv6 Day」に注意、Webが見られぬ恐れ 知っていないと混乱しそうですので、知っておいた上でさらに想定外の事態が起こる可能性についても心づもりをしておくのが吉かと思います。

MovableType 5.1 カスタムフィールドの不具合解消

先日のアップグレードの際、カスタムフィールドの設定機能が無くなってしまったと書いてましたが、調べてみたところ、必要なファイル群がサーバにアップロードされてませんでした。ぽてちん。 以下、経緯・・・ いろいろググってみると、管理画面のサイドメニューの表示には「リスティングフレームワーク」なるものが使われていて、定義ファイルである addons/Commercial.pack/config.yaml に問題がありそうというのが判明。 新旧バージョンの config.yaml の diff を取ってみると、なんかエライ差があるのはわかったのですが、差がありすぎて何がどう変わったのか解析不能。 とりあえず、サーバのファイルはどうなってるかなぁと覗いてみると・・・ ん? ファイル自体がありまへんがな・・・ いくつかフォルダも足りない・・・ てことで、前回 ftp中に切れてしまったことがあるんですが、やり直した時にアップロード漏れがあるのに気づいてませんでした。にもかかわらず、他の機能は全てうまく動いているように見えたので、何がなにやらわかりませんでした。ちょうど、addon にあたる機能だったので、それだけが欠けているようになったようです。 今は無事、カスタムフィールド機能が復活しました♪

MovableType5.1 にバージョンアップ

数日前に MovableType が 5.1 にバージョンアップされたので、遅まきながらインストールしてみました。 【参考サイト】 ◆[重要] Movable Type 5.1 および、5.05、4.29 セキュリティーアップデートの提供を開始 ◆Movable Type 5.1リリース 【ダウンロード】 ◆個人ライセンス(無償) 【インストール・アップグレード】 ◆Movable Type 5 を最新のバージョンへアップグレード サーバにファイルをアップロードする際にエラーが起きてしまったりして少々手間取ってしまいましたが、なんとかアップグレード完了。 変更点はCMSとしての使い勝手の向上が主なところのため、管理画面が変わっているだけでブログ自体の見た目はバージョン表示くらいです。 カテゴリの並びを Drag&Drop で指定できるようになったので、そこも変わってるはずですが・・・ ひとつだけ困ったことが。 Twitterに自動投稿するようにしていますが、その際にカスタムフィールドでハッシュタグを指定できるようになっていたのにカスタムフィールド自体が消えてしまいました。カスタムフィールドのメニュー自体が管理画面から消えてしまったので、ちょっと困ってます。

進化なのか先祖がえりなのか?

最新モデルの「E-810」は、7型という大きな液晶モニターと専用のミニキーボードを備え、デジタルフォトフレームとしても利用できる個性派プリンターだ。

パソコンいらずで年賀状印刷ができるなんてスゴイ!って話ですけど、気がつくと昔懐かしい「ワープロ」になってるやんと思うのは私だけでしょうか?

PostToTwitter から PostTweet にバージョンアップ

Twitterの認証方法がこの9/1から変更され、今まで使っていた PostToTwitterプラグインが使えなくなってしまいました。
このため、後継の PostTweetプラグインに急遽バージョンアップ。
なんとか動いたみたいです。
この機会に投稿用テンプレートも少し修正しようかと思ってますが、今日はこの辺で。

Twitter off in Hikone

20100812_nishikawa.jpg

8/12の夜、彦根近辺の Twitter仲間のオフ会『妄想オヤディスの会』に参加してきました。ほぼ同年齢(ちゅーても上下は一回り以上の差がありましたが)のオジサン、オバサンの集まり。概ね酒飲み。
集合場所は彦根の四番町スクウェア内の Barシスル。

幹事は nishikawa03 さん。
アイコンもそのまんまなんで、隠す必要もありませんが、ほぼアイコンどおりの方でした。セッティングありがとうございました。

日頃、Twitter で交流があり、それなりに人となりはわかっているつもりでも、初めてお会いすると見た目はもちろん話しぶりも想像とは少しずつ印象が違うところもあったり。やっぱり実際に会ってみると楽しさも倍増しますね。

では、参加された方々をご紹介。
妄想部分は残しておいたほうが良さそうなので、アイコンでマスクさせていただきます。

20100812_55wahaha.jpg

55wahahaさん。
この中では一番お若いのですが、会う前はもう少し上の方かと思ってました。

20100812_nabeko_kkmichi.jpg

女性陣は、左から nabeko11さんと kkimichiさん。
良いノリの美女が二人もおられると盛り上がり方も違うというもんです。

20100812_korekin_takeyan.jpg

korekinさん、takeyan0821さん。
takeyan0821さんとは釣りの話で盛り上がりました。かなりの釣りキチですね。

20100812_k_ta2ya_koudo_s.jpg

見た目は兄弟のような k_ta2yaさんと koudo_sさん。
二人とも話し上手で見た目以外は (^^; けっこう想像どおりだったかな。

あと、Azuki_nyanさんが参加されていましたが、横浜までお帰りになるということで残念ながら途中退席されました。

22時近くまでシスルで過ごした後、ほとんどの方は2次会へ。
私は1次会で失礼しましたが、なかなか楽しい宴で参加して良かったです。
今回、参加できなかった方もおられますし、また機会があれば集まりたいものです。

参加者のみなさま>お疲れさまでした&ありがとうございました。

zenbackベータを試用してみました

zenbackはブログパーツです。ブログの記事の下や横に、

* その記事に関係する自分のブログ記事
* その記事に関係する他のzenbackユーザーのブログ記事(関連リンク)
* その記事についての最新のTwitterのつぶやき
* その記事についてのはてなブックマーク
* その記事の最新のアクセス元(リファラ)

を表示します。

このブログで使っている MovableType の SixApart が新たなサービスを開始したのでベータ版を導入してみました。
「関連記事」の抽出アルゴリズムがわかりませんが、イマイチ関連がわからないものもピックアップされてます。もしかしたら、関連が不明確なのは記事内容が不明確なせいもあるかもしれません。

「関連リンク」とか Twitter へのリンクがあるのは、それなりにネタの拡がりが期待できて良いかもしれません。事実、「こんな記事があったんや」っていう発見は既にありますし。

しばらく様子を見てみようと思います。
ついでに個別エントリーページのレイアウトもマルチカラムに変更。

悪夢のアドオン「.NET Framework Assistant」でハマった話

昨日、会社の PC で FireFox を起動しようとしたらアドオンの更新確認画面が表示され、「.NET Framework Assistant」といういまいち覚えの無いアドオンの更新
を促されました。
Microsoft の「.NET Framework」自体はインストールしているし、問題ないかなと思って「更新のインストール(やったかな?)」を何気にクリック。インストールが終わった後、FireFox が起動しようとするが何やらフリーズしている感じ。おいおい・・・

で、ここに来て『「.NET Framework Assistant」って何よ?』とググってみると、ほとんどマルウェア扱いのしょーもないアドオンであることに気づきました。
Microsoft Update で Windows の更新プログラムをインストールした時に「Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1 (KB951847) x86 言語パック」あたりと一緒に入ってしまった模様。

削除方法は下記の「参考Webサイト」に説明がありましたが、レジストリを削除したりとか、PCに詳しく無い人にはハードルの高そうな作業がずらり。こんなものユーザの知らぬ間にインストールしてしまうなんて相変わらずアコギなことをやってくれます。>Microsoft

(参考Webサイト)
http://miracleblues.blog46.fc2.com/blog-entry-260.html
http://knyijong.blogspot.com/2009/02/framework-assistant-10.html
http://mozilla-remix.seesaa.net/article/123543659.html

実際、これらの手順を尽くしてみましたがフリーズするのは解決せず。
一旦アンインストールして Ccleaner でレジストリを掃除してから PCを再起動。ある程度クリーンな状態で FireFox の最新版をインストールし直してみるとようやく正常起動に成功しました。
FireFox の設定データ、ブックマーク等のユーザデータそのものは残しておいたのが再現され事なきを得ました。これでダメなら、FireFox関係のデータ類を全て削除するハメになっていたかもしれません。
ほんまにもー

自宅PCを起動すると同じ更新メッセージが出ましたが、そのままキャンセルしたのは言うまでもありません。
ちなみに OS は Windows XP Pro SP3。

サーバ容量アップ・・・G Mail と比べるとどうなんでしょ?

弊社では、「さくらのレンタルサーバ」「さくらのメールボックス」「さくらのマネージドサーバ」のサービス改定を、2010年3月30日(火)に実施いたします。

 本改定では、「さくらのレンタルサーバ」「さくらのメールボックス」のディスク容量をこれまでの容量の2~4倍に増強し、「さくらのレンタルサーバ」「さくらのマネージドサーバ」に、コントロールパネル上からCMSやブログなどのアプケーションを簡単にインストールできる「クイックインストール機能」を追加いたします。

価格据え置きで上限が 3GB から 10GB にアップ。
3GBだと少し心もとないかもって思っていたのでありがたい。
でも、G Mail って、タダで 7GB なんで、それと比べたらたいしたことないと言えなくもないですね。

ブログ記事/ウェブページ/コメントで絵文字を使えるようにするプラグイン(MT5版) を入れてみました

ブログ記事/ウェブページ/コメントで絵文字を使えるようにするプラグイン(InsertIcon)のMovable Type 5対応版を公開します。

釣りに行けないからってことはありませんが、ブログにいろいろプラグインを追加してみたりしています。
引用したサイトにある絵文字を使えるプラグイン InsertIcon をインストールしてみました。
コメントでも絵文字のアイコンをクリックするとカーソルのところに絵文字を表す文字列が挿入されます。絵文字そのものではないので「あれ?」と思いますが、「SUBMIT」で書き込むとちゃんと絵文字になります。

絵文字の意味はこんな感じ

・・・ = ・・・
ハート = ハート
汗 = 汗
嫌な感じ = 嫌な感じ
怒り = 怒り
音符 = 音符
? = ?
! = !
汗2 = 汗2
ひらめき = ひらめき
ハートブレイク = ハートブレイク
ダブルハート = ダブルハート
ドクロ = ドクロ

eo光:工事完了(NTT撤去工事)

NTTの回線機器の撤去工事が終わり、ようやくフレッツから eo光への乗り換えが完了しました。

撤去と言っても、既に自分で ONU以外は外しておいたので、宅内は10分もかからず。ファイバーを勝手に切ったらまずいと思って ONUをそのままにしておいたのに、工事の人はニッパでファイバーをブチっと切って外してました・・・
光ファイバーも宅内から電柱まで外してしまうのかなと思っていたらファイバーを壁の中に収めただけで他はそのまま。

「このままなんですか?」

と聞いたら、きっぱり

「はい」

たまにNTTに戻ってくるお宅もあるらしいのと、ファイバーの撤去まですると無料ではできないのが理由っぽいです。

これで、来月から通信費が下がると嬉しいんですけど。

なんでやねん?NTT

eoへの切り替えにあたって、プロバイダの解約とNTTにフレッツ回線の解約の連絡が必要です。

契約時はプロバイダ経由の「wakwak with フレッツ光」という形で申込んだわけですが、解約は別々ということで、まず一つ目の「なんでやねん?」
プロバイダのほうは Webから解約申し込みをしてみましたが、「wakwak with フレッツ光」の場合はWebでの手続きができず、申請用紙をダウンロードしてFAXか郵送で送ってくださいとのこと。
これが二つ目の「なんでやねん?」
ちなみに、このプロバイダ、NTT系のNTT-MEがやってます。
しゃあないのでFAXで手続き完了。

んで、NTTの専用番号に電話して回線の解約の連絡。
最初は自動応答で手続き内容によってそれぞれの窓口へ繋がります。
解約手続きのオペレータは若いお兄ちゃんでしたが、電話の切替日は来週の予定と言うと、切り替え前は解約の手続きはできないので切り替えが終わってから再度電話して欲しいと言ってきます。
「日はわかってるし、そちらで把握もできるはずなんで、今受け付けてくれてもええんちゃいますか?」
と言ってみましたが、どうしてもできないというのであきらめました。
ユーザから再度連絡させんでも、社内でちゃんと連絡回したらできるやろと思いますけど、どう思います?
これで三つ目の「なんでやねん?」です。

ホンマに、なんでやねん?NTT!

eo光:宅内工事完了、電話切り替え工事日決定

eo光の切り替えの件、ついついメモし忘れてました。
宅内工事は先週完了して、週明けにNTTからeoへの光電話の切り替えも終わる予定です。

宅内工事はだいたい30分ちょいくらいで完了。
うちは一箇所に全部の機器が固まっているので非常に簡単でした。

【フレッツ光プレミアムの場合の接続】
(光ケーブル) → [ONU] → [CTU] → [無線LANルータ]
  ONU から 電話用の VoIPアダプタへ

【eo光の場合】
(光ケーブル) → [ONU] → [無線LANルータ]
  ONU から 電話用の VoIPアダプタへ

フレッツ光プレミアムの場合に必要だったCTUが無くなってスペースに余裕ができた上にルーターの設定もわかりやすくシンプルになりました。

eoで特徴的なのは、光ケーブルが2線式の巾の広いタイプになっていて、一本は光TV専用のケーブルとのことでした。光TVの場合は、それ用にもう一個ONUを設置するらしいです。フレッツでは一本だけでした。
通常は屋外の引き込み口付近にTV用のONUを設置し、既存のアンテナ線の引き込み口からTV用の信号線を入れるみたい。分波器とかブースターの設置状況によってはTV用のONUを屋内設置する場合もあるとのこと。うちはTV契約無しなので、光TV用のケーブルはそのままONU付近に丸めて終端処理されてます。

なお、注意しないといけないのは、光TVに切り替えると滋賀県ではKBS京都が視られなくなること。免許の関係らしいです。阪神ファンはご注意です。

【参考】
◆導入工事・屋外配線
http://eonet.jp/home/net/connect/construction/

◆導入工事・宅内配線
http://eonet.jp/home/net/connect/wiring.html

あとは「関電e-Patio」と「はぴeポイントクラブ」の入会もお忘れないように。。
はぴeはオール電化とセットでポイントが2倍になります。

http://www.kepco.co.jp/e-patio/
http://www.hapiepoint.com/index.html

Gmail を POPFile 経由で使う

普段使っているメールアカウントを Gmail 経由で使うことで spam フィルタとかかなり便利に使えるということを教えてもらったので早速試してみました。
Gmail の設定で「POPアクセスを有効」にしてから「Mail Fetcher」の設定をし、メーラは Gmail の POPアカウントにアクセスするように設定変更します。
若干のトライ&エラーがありましたが、なんとか無事に設定完了し、メーラからは今まで通りのメールアドレスで読み書きできるようになりました。
Gmail経由にするまでは一日百通ほど来ていたspamメールはGmailの迷惑メールフォルダに移動され、メーラ側へは届かなくなって大成功。

今までメールのフィルタリングに使っていた POPFile も併用したかったので、「GmailのメールをPOPFileに通す方法」という記事を参考にメーラの設定を変更してトライ。
ところが、メーラと POPFile の設定をあれこれ試してみましたが、うまく Gmail に接続することができません。どうも POPFile 経由での SSL 接続に問題があるみたいです。

検索してみると POPFile がバージョンアップされ、最新が V0.2系列から V1系列 になっていることを発見。インストール時に「SSL Support」のインストールを選択するとうまくいきそうです。
最新版をダウンロードして今まで使っていた V0.22 に上書きインストール。

で、メーラの設定を「GmailのメールをPOPFileに通す方法」に従い以下のとおり変更。

・メーラーからアクセスするメールサーバのポート番号を 995 → 110 に変更(POP over SSLを外す)

・メーラーからアクセスするメールサーバを"localhost"に変更

・サーバにアクセスするメールアカウントを"pop.gmail.com:995:myrmailadress:ssl"に変更

これで

メーラー → 110番ポート → popfile → 995番ポート(SSL) → Gmailサーバ

というアクセスになって、popfileを通してGmailのメールを受信できるようになりました。
バージョンアップ前に学習していた振り分けパターンはそのまま引き継がれ、Gmail側でのspamフィルタリングとの相乗効果でとても快適になりました。

# しかし、spam 抜きだとメールの量がめっちゃ減った感じ。

POPFile は自動メール振り分けツールです。一旦、設定とトレーニングがきちんとされれば、あなたのパソコンのバックグラウンドで動き続け、到着したメールを読み取って、好きなように振り分けてくれます。ゴミメールを選り分けるといった簡単な仕事から、十数個のフォルダにメールを振り分けるといった複雑な仕事までこなすことができます。いわば、あなたの受信メールボックスを管理してくれるあなた専用のアシスタントです。

Google Buzz

日本時間の今朝、Google版twitterとでも言うべきGoogle Buzz(バズ)が発表されました。

Google バズ

PC版の公開は段階的で、現時点で1%前後のユーザが利用可能(という噂)。

ただしiPhoneからログインできましたのでそちらで使ってみました。その上で、「Googleはtwitterクローンを作ろうとしているのではない」という印象を抱きました。

自分のアカウントではまだ使えるようになってないですね。
元々 GMail って、ほとんど使ってないですし。
とりあえず様子見でしょうか。

PostToTwitterプラグインにハッシュタグ機能追加

ブログ記事をTwitterに自動投稿するMTのプラグイン「PostToTwitter」を使っていて「投稿時にハッシュタグも指定できたら良いなぁ」と思うことがありました。
それほど難しくないはずなので自分で手直ししてみようと思い立ち、プラグインのソースコードを確認してみたら送信メッセージ用のテンプレートファイルがあり、それを少し手直ししてやるだけで対応できそうなことが判明。

テンプレートについて何か書いてあるんちゃうかなとプラグインのドキュメントを読み直してみたら、そのものズバリの改修例が既に書かれてました・・・ようできてますワ。

簡単とはいえ、それなりの手順も必要ですので整理しておきます。
なお、この記事は MovableType5.0 と PostToTwitterプラグイン v2.0.0 の組み合わせでの結果です。

(1) MTのブログ投稿画面にカスタムフィールド追加
プラグインの改修例では既存の「タグ」フィールドに書かれたタグをそのままハッシュタグに出力する例になっていましたが、ハッシュタグとタグは区別しておきたいですし、「キーワード」フィールドはSEO対策のMETAタグで使うこともあるため専用のカスタムフィールドを追加します。
なお、カスタムフィールドそのものの使い方はSixApartのドキュメント「カスタムフィールドの作成と表示」を参照してください。

◆追加するカスタムフィールド
名前:ハッシュタグ
種類:テキスト
ベースネーム:特に変更必要なしです。
テンプレートタグ:TwHashTag

(2) ブログ記事の投稿画面にカスタムフィールドを表示
カスタムフィールドを作成しただけではブログ記事の投稿画面に入力フィールドが表示されませんので、投稿画面の「表示オプション」で追加した「ハッシュタグ」フィールドを表示するようにチェックを入れます。
表示方法の詳細はSixApartのドキュメント「入力欄の表示/非表示と、並び替え 」を参照してください。

(3) ブログの管理画面でPostToTwitterフォーマットテンプレートモジュールを追加
ブログの管理画面の「デザイン→テンプレート」画面で「テンプレートモジュールの作成」で新規に作成します。
名前は「PostToTwitter Message Format with HashTag」とします。
テンプレートの作成方法そのものはSixApartのドキュメント「テンプレートの編集と設定」を参照してください。

テンプレートのコードは以下のようになります。

<mt:setvar name="title_len" value="140" />
<mt:setvarblock name="title"><mt:entrytitle /></mt:setvarblock>
<mt:setvarblock name="hashtag"><mt:If tag="TwHashTag"> <mt:TwHashTag></mt:If></mt:setvarblock>
<mt:setvarblock name="link"><mt:var name="hashtag"> - <mt:entryshortenedpermalink /></mt:setvarblock>
<mt:setvarblock name="link_len"><mt:var name="link" count_characters="1" /></mt:setvarblock>
<mt:setvar name="title_len" op="-" value="$link_len" />
<mt:var name="title" trim_to="$title_len" /><mt:var name="link" />

青字がサンプルから変更した行です。
サンプルの説明に従い、最初の行から順に見て行きますと、

  1. 変数title_lenはエントリタイトル部分の長さを表し、初期値としてメッセージの最大長140文字を設定します。
  2. 変数titleはエントリタイトルを格納します。これが切り捨てられてもよい部分になります。
  3. 変数hashtagに追加したカスタムフィールド「ハッシュタグ」を格納します。カスタムフィールド作成時に指定した「TwHashTag」が空で無ければ、hashtagに値が入ります。
  4. 変数linkは、先の変数hashtagに加えて文字列短縮されたパーマリンクとエントリタイトルとの区切り文字としてハイフン(と前後の空白)を格納します。これが切り捨てられては困る部分になります。
  5. 変数link_lenは変数linkの文字数を格納します。count_characterモディファイアはタグが出力する文字数を数え表示します。
  6. 変数title_lenから変数link_lenを引き、その結果を再度変数title_lenに格納します。これがエントリタイトルとして表示可能な最大文字数となり、これを越える分については切り捨てられるということになります。
  7. 変数titleの内容をtrim_toモディファイアを使って先頭から変数title_lenの長さ分だけ表示し、さらに変数linkの内容を表示します。

(4) PostToTwitterプラグインの設定画面で「フォーマットテンプレート名」を設定
プラグインのドキュメントに説明がありますが、ブログの管理画面のPostToTwitterプラグインの設定で「フォーマットテンプレート名」に(3)で追加したテンプレートモジュールの名前「PostToTwitter Message Format with HashTag」を指定します。
デフォルトではここは空白ですが、その場合はデフォルトテンプレートとしてプラグインと一緒にインストールされる「message_format.tmpl」という名前のテンプレート・ファイルが使われます。

(5) ブログ全体を再構築

(6) ブログ記事の新規投稿
通常の記事投稿と一緒ですが、追加したフィールド「ハッシュタグ」に「#hoge #foo」というふうに、ハッシュタグを空白で区切って入力して投稿すれば、Twitterにハッシュタグとして投稿されます。

以上です。

pbtweet - twitter拡張スクリプト -

pbtweetはtwitterをすこし便利に使うための拡張スクリプトです。
返信で繋がる会話チェーンの表示、自動ページ追加とアップデート、RTとviaの両方のスタイルでの引用投稿、言語設定できる翻訳機能や画像のバッジ表示をtwitter.com上で行うことができるようになります。
インターフェイスにはいくつかのアニメーション効果が追加されますが、これらはWebKitのCSS 3先行実装を用いています。

Twitter公式ページのインターフェイスも公式RTが追加されたり、そこそこ良くできてますし、公式ページでないと使いにくい機能も多々あります。
ただ、引用付きのRTでコメントしたい場合なんかはちょっと不便。
最近はHootSuiteも使い始めていて、これはこれで便利なんですが、ここで紹介するpbtweetは、ブラウザのプラグインとして公式サイトを強化してくれる優れものです。

HootSuiteはI/Fが英語というのが最大の難点です。ただし、インストール入らずのWebアプリケーションで、複数アカウントを運用していたり多くのフォローをリスト化して一度に見たいと言う場合には最強な感じで、これはこれでまたコメントしてみたいと思っています。
あと、TweetDeckという選択肢もありますね。こちらは日本語でも使えるみたいです。

とりあえず、pbtweetは大変おすすめ。
ブラウザはFireFoxかWebKitブラウザのChrome辺りが使い易いようです。
Windows環境の方はこちらのサイトを見ればインストールは楽勝のはず。

最近、「pbtweetの使い方が分からない」というTwitter初心者の方が少なからず見受けられます。

そこで、「Twitterを最近始めたけれどRT)がうまくできない」「pbtweetを勧められたけどどうやって使えばいいのか分からない」という方のために、なるべく丁寧に解説してみよう、というのが本エントリのねらいです。

今回は、よりユーザーの数が多いであろうWindows環境での説明をします。

eo光:工事日決定

eoの工事会社から電話があり、工事日が決定。
2/5(金)となりました。
紹介キャンペーンでWebから申し込んでから工事までだいたい20日くらいの計算です。
以前、ADSLからフレッツ光に切り替えた時は結構混んでいて何ヶ月もかかったことを思うとかなり早いですね。

Google Chrome 4 - 初期化エラー

「速い。」

はじめて Google Chrome を利用する方の多くがその速さに驚きます。
最先端のウェブサービスを手がけるGoogleが実現させた高速ブラウジングを是非体験してみてください。

メインのブラウザは FireFox で、これも最新バージョンにしたばかり。
Chrome は FireFox よりも少し前に最新版がリリースされてました。
で、早速バージョンアップしてみると・・・

「アプリケーションの初期化に失敗しました」

起動はするのに全くブラウザとして機能しません。
アンインストールして再インストールしても一緒。
ググってみると理由が判明。
セキュリテイソフトに Symantec Endpoint Protection を使っていると Chrome の挙動を怪しげと判断して起動させないらしいです。

対策は Chrome を起動するショートカットのプロパティでコマンドラインオプションに「--no-sandbox」を追加。
ショートカットは、「スタート...プログラム」、「デスクトップ」、「クィック起動バー」などそれぞれについて全部修正しないとダメでした。

eo光:宅内調査

土曜日、eoから宅内調査に来られました。
確認内容はこんなところで、だいたい20分くらい?

  • 屋内の配線、機器の確認
  • 屋外の引き込み口確認
  • 電柱から引き込み口までのルート確認、採寸

うちは、屋内配線、機器設置場所は一箇所に固まっているので特に問題なし。
NTTから同一番号で電話も変わるのですが、切り替えのタイミングの関係で一時的にフレッツの機器とeoの機器の両方を設置しないといけないらしいです。

あと、やはりベーシックルーターは不要ということで、サポート窓口に電話してキャンセル。

工事日はまた連絡があるそうですが、2-3週間後くらいかと。

RT

Twitter でタイムラインを見ているとやたら「RT」という文字列が目に付きます。
ボクの中では「RT」といえば「RayTune」なんですけど、Twitter では「ReTweet」だそうです。
使い方は良くわかりません。
Raytuneの使い方なら少しわかります。

eo光:その2

電話確認があってから数日後、eoから大きな封筒でなにやら書類が届いてました。
開けてみると申し込み内容の確認とそれぞれのサービスの利用上の注意事項などが書かれた説明書の類。
Webで申込んだ際、銀行振込などを選んでいると振込手続きのための書類と返信用封筒も同封されるようですが、クレジットカード決済にしたためその手の書類は無しでした。

紹介してもらった知人からも今後の手続を説明した文書のコピーを入手。同じものは次回の宅内調査でもらえるのかと思います。
無料のベーシックルーターも申し込んでおいたのですが、知人によればONUの後に直接手持ちの無線LANルーターを接続すればOKとのことなので、ルーターレンタルはキャンセルしようかと思ってます。
フレッツではルーター機能を持ったCTUの設置が必要で、そこにルーター機能を殺した無線LAN親局を繋いでいますので、機器の設置スペースは少し減りそうです。

Google ツールバー: 新機能が便利

米Googleは14日、Webブラウザ用プラグイン「Google ツールバー」に「共有」機能を追加したと発表した。「Google ツールバー」はInternet Explorer(IE)6.0以上、Firefox 2以上に対応しており、同社サイトから無償でダウンロードできる。

 共有機能を使うと、現在開いているページをTwitterなどに簡単に投稿できるようになる。共有ボタンをクリックすると、サービスの一覧が表示されるため、投稿先のサービスを選択すればよい。

早速、バージョンアップして Twitter への投稿機能を確認してみました。
サイト紹介なんかにはとても便利そうです。

フレッツからeo光

サーバ移行も完了したため、NTT西日本のフレッツから関西電力のeo光に乗り換えようと決断しました。
周囲はけっこうeoの人が多かったのですが、やっぱり毎月1500円近く料金が違うのは魅力です。レンタルサーバ代に月500円払ってもお釣りがきます。

移行完了まで、メモ代わりにブログに書いておこうかと思います。

まずは、知人から「紹介キャンペーン」で紹介手続きをしてもらい、申し込み。
紹介手続きをしてもらうと専用の申し込みページのURIが書かれたメールが届きますので、Webから手続きを行います。
いろいろ入力項目が多かったりしますが、難しくはありません。
光TVはいまいちメリットが無いためネットと電話のコースで申し込み完了。

2日ほどしてeoから電話確認がありました。
本人確認とか申し込みコースの確認があり、次は自宅調査の日取りの決定。
現状の配線の状態とか機器の設置場所等の確認をするようです。
平日だとすぐに来てもらえるみたいでしたが、土日でと言うと2週間後の23日になりました。紹介してもらった知人の話によれば、最初の申し込みから工事完了まで一ヶ月ちょいということだったので、だいたい同じくらいのペースで進みそうです。

次回は、23日の調査後に。

PostToTwitterプラグイン

Twitter登録に伴ない、「エムロジック放課後プロジェクト」さんで公開されている「PostToTwitterプラグイン v2.0.0」を導入してみました。

ブログ投稿時にTwitterにも自動投稿される仕組みです。
ブログとTwitterが連携できるのは、通販サイトなどを運用されていてブログで情報発信されているような場合にはとても有効なコミュニケーション手段のように思えます。

Twitterアカウントを作ってみました

https://twitter.com/Nobby_n

総理もすなるTwitterといふものを、Nobbyもしてみむとてするなり。

(注)
ウィルスバスター2010の場合、Twitter上のTinyURLをクリックすると警告画面が出るかもしれません。
アクセスを「許可するWebサイト」に設定してもらう必要があります。

Index of all entries

Home > パソコン・インターネット Archive

counter

today: today
yesterday: yesterday

Search
Tag Cloud
Twitter
Tide Graph
福井県-敦賀
提供:釣り情報フィッシングラボ
Links
Feeds

Return to page top