Home

Nobby's Diary

ひこにゃん折り紙・折図

  • Posted by: Nobby
  • 2020年3月12日 22:51
  • 地域

ひこにゃん折り紙

彦根城オニバスプロジェクトのページで彦根のゆるキャラの折り紙を紹介しています。
折図をダウンロードしていただいてお楽しみください。

彦根城オニバスプロジェクト...グッズのページ

ちょっと難しいので、小学校中高学年から大人向けです。
最初は完成までに30分から1時間くらいかかるかもしれません。
がんばってトライしてください。

ひこにゃんの折図もあります。
こちらのリンクからダウンロードしてください。

・ひこにゃん(体)
・ひこにゃん(かぶと)

【補足】
折り紙は100均の単色のものを何色か買うと良いと思います。
基本色を紹介しておきますが、色を好きに変えてもOK。

ひこにゃん: かぶと・赤、体・白
しまさこにゃん: かぶと・灰色、体・白
いしだみつにゃん: かぶと・黒、体・白
おおたににゃんぶ: かぶと・水色、体・白
彦鬼くん: 頭の葉っぱ・緑、頭・赤、体・赤

今年もよろしくお願いいたします

みなさま、新年あけましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話になりました。
今年もよろしくお願いいたします。

第98回高校サッカー選手権 草津東&大手前高松勝利!

第98回高校サッカー選手権特集 - 日程結果 - スポーツナビ

12/31の1回戦、滋賀の草津東と釣友・高砂さんのお子さんが所属する香川の大手前高松がともに勝ちまして、次は草津東は福岡の筑陽学園と。
2年連続で青森山田と初戦で当たるというくじ運の無さに泣いていた草津東でしたが、滋賀県代表は久しぶりの勝ち上がりです。

ここまでは当ブログでの予想(期待)どおり。
さて、どこまで行けるか。

サッカー高校選手権予想

48番目は筑陽学園!東福岡は涙 出場全48校が出揃う

48都道府県最後に決定したのは福岡の筑陽学園。
てことで、滋賀県代表の草津東の2回戦の相手が決まりました。
一回戦勝たないとあきませんけど、昨年、一昨年と連続で青森山田と当たってしまったことを思えば、今年こそは滋賀代表が勝つところを見られるのではと楽しみでなりません。

てことで、草津東の勝ち上がり予想をトーナメント表から。
クサヒガは「Cゾーン」に入りました。
なんでか、トーナメント表では福岡代表は東福岡になってます。
【第98回全国高校サッカー選手権 トーナメント表】

Cゾーン 1回戦: 東久留米総合(東京A)
Cゾーン 2回戦: 筑陽学園(福岡)
Cゾーン 3回戦: 徳島市立(徳島)
Cゾーン QF  : 丸岡(福井)
準決勝 : 大手前高松(香川)
決勝  : 青森山田

決勝で青森山田に雪辱。最高ですな。
楽しみです。

ところで、
東久留米市は埼玉県だとずっと思ってました。
知らなんだ。

嵐を呼ぶケタコ in 奥琵琶湖

  • Posted by: Nobby
  • 2019年10月12日 00:04
  • 釣り

20191011_ketako_01.jpg20191011_ketako_02.jpg先週のケタコ&デカバスに気を良くして台風来襲直前に再び奥琵琶湖遠征。
前回よりは風もだいぶマシで比較的釣りやすいコンディション。
早々に良いサイズのケタコも釣れて幸先良し。


20191011_ketako_03.jpgトップシーズンほどの反応は無いものの、移動しながら撃っていくとポツポツと釣れます。


20191011_ketako_04.jpg20191011_ketako_05.jpg時々、「尺行ったか!」というバイトがあるのですが、そういう時はバスくんでした。尺超えのバスは、さすがによう引きましたよ。
けっこうバスの活性も高いみたいで、一時はバス祭り状態の連続バイトの時も。


20191011_ketako_10少し暗くなりかけた17時過ぎくらいから地合いが訪れ、ほとんどワンキャストワンキャッチ状態に。
何匹釣れたかわからないくらいで、ほとんど一年分くらいのヒット数を超えた感じ。
湖西に行くと10月でも凹凹にバイトがある時がありましたが、奥琵琶湖でこれくらい釣れるとは嬉しい発見。
あまりに釣れるので止め時が無くてほとんどサル状態で釣りまくりました。
グローブをしてなかったので、帰ってから手に豆ができていたのに気がつくほど。

不思議なのは、相当な数を釣ったのに、ほとんどがメスでオスが全く混じらなかったこと。
なんででしょうね???

大きなゲスト

  • Posted by: Nobby
  • 2019年10月 8日 00:47
  • 釣り

20191005_oku-biwako_s_02.jpg彦根近辺ではケタコ(ハス)が全く釣れなくなってきたため、ちょい遠征で奥琵琶湖へ。
元々、日本海へ出撃するつもりだったのが、波が高そうだったので琵琶湖で楽しむことにしたのでした。

まぁまぁの風の中、良さそうな浜を見つけて投げまくるも反応悪し。
広い浜を少しずつ移動しながら探っていくと、そこそこいい反応の出るポイント発見。


20191005_oku-biwako_s_03.jpg最初に来たのは小さなゲストさん。
出方が変だと思ったら、引きもだいぶ違う。


20191005_oku-biwako_s_04.jpgエントリーした場所まで戻って逆方向を攻めてみることにすると、いました本命ケタコちゃん。

その先の岩場っぽいところが良い感じに見えたので、プチやぶこきをしてポイントへ。
近くまで行くとアユも回ってきて、時折バスらしきライズに混じってケタコっぽい反応も。
期待大と思いながらメタルジグを四方に投げて探っていると・・・

20191005_oku-biwako_s_05.jpgもう少しでピックアップという眼の前5m、水深30cmほどのところでドッパーンとド派手な水柱!
水面下でギラっと光を反射するのが見えると、直後に一気に沖に向かって走り出す大きな魚影が。
マジか?
PE0.3号にリーダー6lbなので無理はできないものの、オープンウォーターなら十分獲れるタックルのはずなので、岩場に入られないようにだけ気をつけながら慎重にやり取りして寄せてネットイン。


20191005_oku-biwako_s_06.jpgデカっ!
寄せてる間は冷静だったのが、手にしてみると久々の良型に少し手が震えてました。


20191005_oku-biwako_s_07.jpg測ってみるとランカーに少し足らない47cm。
真っ昼間のドシャローで5gのメタルジグにこのサイズが水面を割って出るとは。
琵琶湖の懐の深さを再認識した一日でした。
今度は本命として狙いに来たくなったかも。

オニバス観察会(9/8)

2019008_onibas_s_08.jpg

彦根城オニバスプロジェクト「彦根城のオニバス観察会 2018/9/8(日)」より

今年も金亀公園事務所前試験地で若葉小学校から移植した苗が大きく育って花を咲かせいていました。


2019008_onibas_s_11.jpg彦根城の城山から上空へ舞い上がるタカ柱が見られて壮観でした。
今月23日には佐和山山頂でタカの渡りの観察会がありますので、ぜひお越しください。
多い時は100羽を超えるタカたちの乱舞が見られます。

びわ湖deケタコ2019

  • Posted by: Nobby
  • 2019年9月 2日 23:38
  • 釣り

20190831-0901_ketako_people.png
今年もケタコ大会の季節がやってきました!
ここ数日、秋雨前線が停滞して天候不順が続き開催が危ぶまれる状況で荒天覚悟の実施判断でしたが、土曜の朝になって奇跡的に天気に恵まれ、日曜の朝方に少しぱらついた程度で絶好のキャンプ日和となりました。
大阪方面、富山からほぼいつもどおりのメンバーが参加し、にぎやかな大会となりました。

【Webアルバムはこちら】

20190831-0901_ketako_s_005.jpg夏はビールに限りますなぁ。

20190831-0901_ketako_s_006.jpg今年も美味しい焼き肉がメインディッシュ。脂っこいものがやや苦手になりつつある年代ですが、BBQだと問題なく胃袋に収まりました。

20190831-0901_ketako_s_008.jpg
20190831-0901_ketako_s_007.jpgこちらも例年どおりのシーバタさんの富山のサクラマス。
頭とカマは遠火でじっくり焼き上げました。誰が食べたのかは謎。

20190831-0901_ketako_s_004.jpgこの時期しか味わえない彦根ブランドの彦根梨。ジューシィで甘さたっぷりで格別の美味しさ。遠方からのゲストにも好評でした。

20190831-0901_ketako_s_008_1.jpgもう一つのメインは、いのさん特選のルウで、まったり辛口のスープカレー。
富山限定アイテムかと思いきや、普通にハウスのルウでした。
普通に具材を煮込んでから、辛さを見ながらルウ、特製オイル、スパイスを足していくと出来上がり。スパイスはけっこう辛めなのでお好みで調整すれば良いと思います。


20190831-0901_ketako_s_002.jpg
ご飯の合間、夕マヅメについついケタコ狙い。
めっちゃ渋いコンディションの中、なんとか3匹キャッチ。20cm無いくらいのサイズばかりでした。


20190831-0901_ketako_s_003.jpg20190831-0901_ketako_s_009.jpgがっちゃん、ラドン師匠、愛ちゃん、ク凹イチさんがケタコをキャッチした模様。
シーバタさんは、まぁまぁサイズのナマズの引きを楽しんではりました。

20190831-0901_ketako_s_010.jpg宴会で盛り上がったあと、めいめいテントや車で仮眠を取って翌朝はケタコ大会本番。
3時前後に雨がぱらついたものの、明け方には雨は止んで良い感じのケタコ日和・・・と思いきや、前日夕方以上に渋い状況で全く反応なし。設営地から河口近くまで広範囲に探ってみましたが、全くのノーバイト。
ほぼ全員ノーバイトで、唯一、藤原真ちゃんがヒットさせたらしかったですが、あえなくバレたとのこと。

・・・てことで、全員丸ボーズとなり、一位の新型ダラ釣れキャップは次回に持ち越しです。


20190831-0901_ketako_s_011.jpg20190831-0901_ketako_s_012.jpg釣りのあとの朝ごはんは具だくさんのラーメン。涼しい朝に温かいラーメンは最高。


20190831-0901_ketako_s_014.jpg全員ボーズのため、順位発表はもちろん景品争奪戦も無く、あっさり撤収&お開き。
ラドン師匠の挨拶で〆となりました。

釣れても釣れなくても毎回楽しいケタコ大会。
わざわざ何時間もかけて遠方からやってくるだけのことはあります。
また来年お会いしましょう。

尺獲ったどー!

  • Posted by: Nobby
  • 2019年7月15日 22:13
  • 釣り

20190715_ketako_06_s.JPG20190715_ketako_05_s.JPG20190715_ketako_07_s.JPG昼過ぎから風が強くなり、そこそこ荒れ気味の琵琶湖でケタコ釣り。

で、出ました!
数年ぶりの尺アップ!
31.2cmてところでしょうか。
めっちゃ引きましたよ。
婚姻色もくっきり、顔には追星も出ていてなかなかの迫力の魚でした。


20190715_ketako_01_s.JPG20190715_ketako_02_s.JPG前回よりも風も波も強くてメタルジグしか通用しないコンディションでしたが、20-25のアベレージサイズもいい感じで数が釣れました。


20190715_ketako_08_s.JPG写真だとわかりづらいですが、風も波も強くて、Tシャツでは肌寒いくらい。
波間で派手にバイトがあるとスリル満点。

PEノッター自作

  • Posted by: Nobby
  • 2019年7月15日 00:28
  • 釣り

20190630_knotter_01.jpgFGノットの編み込みは「堀田式」を使ってますが、自宅で組むときはテンションをどうやって掛けるかが悩みどころ。
第一精工のノットアシストは良さげなんですが、少々お高いので自作魂を炸裂させてみました。
1.2mmのバネ鋼線をループプライヤーで曲げてM6のネジが三ヶ所取り付けられるようにして、水道用のパッキンでラインを挟み込めるように固定。
固定部は、ボルト、ワッシャー、パッキン、パッキン、ワッシャー、ワイヤー、ワッシャー、バネワッシャー、蝶ネジの順に組み付け。
テンションが強くなりすぎると編み込みしにくいので、開き角度を調整して程よい強さになるように。


20190630_knotter_02.jpg写真では少しテンションかけ過ぎで、少し緩めくらいで編み始めるのが良い感じでした。(個人の感想です)


20190630_knotter_03.jpg締め込みの潤滑剤には地元・近江兄弟社のリップスティック。四角いケースは釣り場でも転がっていくことがなくて使いやすくてお気に入り。元々口に入っても大丈夫なものなので、PEを口でくわえても安心。


20190630_knotter_fg_end.jpgこんな感じに編み上がったらツールから外して、きっちり締め込んでからFGの手順通りにハーフヒッチで止めればできあがり。
まぁまぁ調子いいです。


Index of all entries

Home

Search
Tag Cloud
Twitter
Tide Graph
福井県-敦賀
提供:釣り情報フィッシングラボ
Links
Feeds

Return to page top