Home > > 書籍紹介: アラン「幸福論」

書籍紹介: アラン「幸福論」

  • Posted by: Nobby
  • 2012年5月 3日 00:10
「幸福だから笑うのではない、笑うから幸福なのだ」
昨年の震災以来、ここ一年ほどのことですが、アランの「幸福論」が取り上げられているのを良く目にするように思います。 昨年秋ごろには、NHKの「100分 de 名著」という番組でも扱われていましたし、つい最近では日経BPオンラインでも「毎日読むアラン『幸福論』」という連載が始まっています。 私がアランの「幸福論」に初めて触れたのは 10年ほど前だったでしょうか。 それ以来、時々本棚から取り出しては繰り返し読む本のうちの一冊になっています。ちょっとメンタル不調に陥った知人に読んでみるよう勧めたこともありますが、悲観的な気分になった時にじっくり読むと少し心が晴れる気がします。とてもおすすめです。
「人は棚からぼた餅のように落ちてきた幸福はあまり好まない。自分でつくった幸福が欲しいのだ。子どもはわれわれ大人の庭など虚仮にするだけだ。子どもは自分で、砂山と麦藁とで立派な庭をつくっている。自分の手で収集したことのない収集家など想像できるだろうか。」 「憂鬱な人に言いたいことはただ一つ。『遠くをご覧なさい』。憂鬱な人はほとんど読みすぎなのだ。人間の眼はこんな近距離を長く見られるようには出来ていないのだ。広々とした空間に目を向けてこそ人間の眼はやすらぐのである。」 「他人に対して、また自分に対して親切であること。他人が生きるのを支えてあげること。自分が生きていくのも支えてあげること。これこそ本当の愛徳である。親切とはよろこびにほかならない。愛とはよろこびにほかならない。」 「われわれが自分を愛する人のためになすことができる最善のことは、自分が幸福になることである。」 「悲観主義は気分によるものであり、楽観主義は意思によるものである。」
最近、絵本版も出ているようです。 Amazonの「なか見!検索」で少し読めますが、お子さんと読んだりするには良いかもしれませんね。 でも、大人はちゃんとした訳本を読んでみてください。

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://nobbyspage.net/mt/mt-tb.cgi/1189
Listed below are links to weblogs that reference
書籍紹介: アラン「幸福論」 from Nobby's Diary

Home > > 書籍紹介: アラン「幸福論」

Search
Tag Cloud
Twitter
Tide Graph
福井県-敦賀
提供:釣り情報フィッシングラボ
Links
Feeds

Return to page top